テーマパーク

仙台八木山ベニーランドへ行ってきました!基本情報と実際の体験記まとめ

東北地方随一の遊園地、仙台・八木山ベニーランドへ行ってきました!

八木山ベニーランドは、宮城県仙台市にあるレジャーランドで、1968年開園の歴史ある遊園地ですが、今なお東北最大級の規模を誇っています。

この記事では、八木山ベニーランドのアトラクションを中心にご紹介します。

個々のアトラクションやパーク内の様子は動画でもアップしていますので、ぜひあわせてご覧ください。

東北最大級の遊園地である仙台八木山ベニーランドについて、概要から、実際に体験したアトラクションをご紹介します。

八木山ベニーランドの概要・基本情報

八木山ベニーランドは、東北の中心地、仙台の代表的なテーマパークで、東北最大級のレジャーランドとされています。

周囲には八木山動物公園があり、あわせて一日楽しむことができます。

絶叫系アトラクションもありますが、アトラクションの半数以上は小さな子供でも楽しめるものになっています。

やや老朽化が目立つ施設もありますが、アトラクションの新設も時々されており、依然として十分に楽しめる遊園地になっています。

八木山ベニーランド 基本情報

八木山ベニーランドの場所

場所:〒982-0837 宮城県仙台市太白区越路19−1

八木山は古くからの住宅地で、東北大学などのキャンパスも存在します。

最近になり、仙台地下鉄東西線・八木山動物公園駅が開業してアクセスが良くなりました。

八木山ベニーランド 営業時間

開園期間

2020年は3月14日~11月23日は毎日営業となっています(冬季は休園)。

ただし、今年は新型コロナの影響で一部休園していました。

また、冬期間も一部開園しているようですので、詳細はホームページで確認してください。

開園時間

午前9時~午後5時(ただし、冬期間は短縮)

八木山ベニーランド 料金

入園料のみのプランと、入園料+アトラクション乗り放題のフリーパスがあります。

入園料

  • 大人:1,000円
  • 子供(小学生まで)・シニア:500円

フリーパス

  • 大人:3,700円
  • 子供・シニア:3,200円

のりもの券はあっという間に使ってしまいますので、お子さんにはフリーパスをオススメしますが、親があまりアトラクションに乗らない場合には、入園料のみでもいいかもしれません。

他に、団体割引などもありますので、詳細はホームページをご確認ください。

なお、駐車場は普通車500円(大型、バス1,000円)となっています。駐車場は少しわかりにくいかもしれません。

入園料を安くする方法

入園料が安くなる方法をいろいろ検索してみましたが、特にこれと行った方法はないようです。

まあ、入園料、フリーパスともに比較的安いですので、うまく使い分ければ十分にお得に利用できそうですよね。

八木山ベニーランド アトラクション・施設の紹介

以下、今回小学校低学年の娘であるAiaiと利用した施設についてご紹介します。

入場ゲート~園内を一周

受付~入場ゲート


入場チケットは当日購入のみです。

ゲートでは消毒が置かれていて、マスクをするように注意書きがありました。


ゲートを通過したところからの景色です。当日は再開園すぐの平日でしたのでガラガラで、アトラクションはほぼ待ち時間なく乗れました。

園内を一周

アトラクションをご紹介する前にゲートに入ってから右回りで、軽く園内を一周してみます。


入ってすぐ右に曲がると、子供向けのアトラクションが集まっています。

左に見えるのはメリーゴーラウンドです。


こちらがメインストリートです。

やっぱり人はいませんね^^


メインストリートを右に回って、山を登るとジェットコースターとコークスクリューが見える丘のようなところに出ます。

コークスクリューはこの奥から乗ることができます(ジェットコースターはこちらではなく、トンネルの左側から乗ります)。


トンネルを出たところにある売店です。奥にはサイクロンが見えます。


この辺が入り口から最も遠い場所になります。

右側にお化け屋敷が見え、奥には売店とミステリーハウスがあります。


広場になっている場所です。左に見えるのはトランポリンです。


メインストリートからトンネルへ入るところです。

この左側に行くと、ジェットコースターの乗り場があります。


メインストリートの脇にあるショップ、ゲームコーナーです。

平日ということもあり、一部休業中でした。


子供用のゲームコーナーですが、開店休業状態でした^^;


売店でフライドポテトを購入しましたよ。


レンジでチンしたポテトのようでした。まあ来園者が少ないのでしょうがないですよね。


食堂コーナーです。一応営業はしていましたが、やはり閑散としています。


入り口の脇にある売店です。

売店は通常営業していましたが、時間が遅かったためしまっていました^^;

八木山ベニーランドのアトラクション

八木山ベニーランドのアトラクションをご紹介します。

全体に老朽化が目立つのですが、特に「ジェットコースター」は危険すら感じるレベルです(揺れが激しくて、何度か乗ったら首が痛くなりました)。

一方で、ときどきアトラクションの新設もされているようで、明らかに新しいものもあります。

以下で主なアトラクションを一通りレビューしていきます。

パラトルーパー


入り口を右に行くと、子供用のアトラクションが集合しています。

このパラトルーパーは回転系のアトラクションで、軽く上下します。ほぼ絶叫度はありませんので、大人と一緒なら小さめのお子さんでも大丈夫でしょう。

こちらのアトラクションは動画もありますので是非御覧ください。

テレコンバット


パラトルーパーと似た回転系ですが、上下は自分でコントロールできます。

機体も360度回転できるため、前後の人と向かい合って、撃ち合い(ピピピッとレーザーのような音のみでます)ができます。

親子やカップルで楽しめるアトラクションです。

こちらのアトラクションは動画もありますので是非御覧ください。

バルーンレース

こちらも回転系です。気球のような乗り物に乗って比較的高速で回ります。

少し高いところまで上がりますので結構爽快感があります。

こちらのアトラクションは動画もありますので是非御覧ください。

パイラット


遊園地によっていろいろな名前で呼ばれますが、ほぼどこの遊園地にもある定番の絶叫マシンです。

単純な往復ですが、逆に同じような落下が続くので好みが分かれます。

コークスクリュー


おそらく八木山ベニーランドのメインのアトラクションであろう、コークスクリューです。

最初に落下して、その後スクリュー状に2回転します。定番とも言えるコースターですが、やや短すぎるのが残念です。

動画のほうがイメージしやすいと思いますので是非御覧ください。

観覧車


こちらも遊園地の定番、観覧車です。

八木山は山というだけあって高地ですので、観覧車からは仙台が一望でき、とても景色がいいです。

ぜひ一度乗ってみることをおすすめします。

メガダンス


多列の椅子に座って、前後回転と上下の揺さぶりがあるアトラクションです。

実際に乗っていませんが、絶叫度もまずまずありそうですが、結構酔いやすそうです。

ミステリーハウス


ミステリーハウスです。中に入っていないのでわかりませんが、洋風のお化け屋敷のようです。

実はこの隣にも日本風のお化け屋敷がありますので、ホラー好きの方は両方行ってみてもいいのではないでしょうか。

ただ、こちらのミステリーハウスはフリーパスでは入場できず、現金入場になりますのでご注意ください。

弁慶号


いわゆる汽車ポッポです。

弁慶号という小さいSLの汽車に乗ってサイクロンの下をゆっくり回ります。

エアロ5


比較的新しいアトラクションです。一見絶叫マシンにも見えますが、まったくそうではなく、飛行機のような乗り物に乗ってグルグル回ります。

動画もありますので是非御覧ください。

サイクロン

コークスクリューと並ぶ、八木山ベニーランドの代表的なローラーコースターです。

最初の落下はコークスクリューよりも角度がありますが、その後がほぼ平坦でやや面白みに欠けます。むしろ屋根の下を通るが少しヒヤリとするくらいです。

動画もありますので是非御覧ください。

ゴーカート


遊園地の定番、ゴーカートです。

特に男の子は大好きですよね^^。この日は空いていたので何回も連続で乗ることができました。

動画もありますので是非御覧ください。

ジェットコースター


赤いレールとトーマスの列車が特徴の、子供向けローラーコースターです。

落下は最初だけごく短い時間です。

老朽化がひどく、ガタガタと恐怖を感じるほどです。私はAiaiと何度か乗ったのですが、2週間くらい首の筋違いが治りませんでした^^;。

動画もありますので是非御覧ください。

スカイジェット


エンジン付きの機体にのって八木山ベニーランドを一周するモノレール式のライドです。

かなりゆっくり進みますが、ベニーランドの景色が一望できますので、爽快感があります。

動画もありますので是非御覧ください。

以上、主なアトラクションをご紹介しました。

オススメアトラクション

八木山ベニーランドの個人的なオススメアトラクションを選んでみました。

  1. コークスクリュー
  2. テレコンバット
  3. ゴーカート
  4. サイクロン
  5. 観覧車

まずはコークスクリューです。八木山ベニーランドのメインアトラクションとなります。乗車時間は短いですが、空いているので何度も乗ることができ、絶叫マシン好きの方でも楽しめると思います。

つづいてテレコンバット。こちらは親子やカップルで前後に乗って、上下に移動しながら座席の回転や撃ち合いができます。

ゴーカートは一人乗りと二人乗りがあり、スピードはそれほど出ないものの、やはり複数人で楽しめると思います。

サイクロンは一瞬ながら八木山ベニーランドでは最も角度のある落下が楽しめます。一瞬の落下以外はほとんど水平移動なのが残念なポイントです。

観覧車は、遊園地の定番ですね。小さな子どもも乗ることができ、八木山から仙台の景色が一望できます。かなりの絶景ですよ!

ドクターY
ドクターY
アトラクションは若干しょぼいですが、空いていて待ち時間のストレスが無いのは地方の遊園地のいいところですよね^^

仙台八木山ベニーランド まとめ

八木山ベニーランドのまとめ
  • 八木山ベニーランドは歴史のある遊園地で、東北では最大級です
  • 絶叫マシーンもありますが、絶叫度は低めで、子供が遊べるアトラクション中心です
  • 食堂や屋外の軽食コーナーもあります
  • 割引チケットは無いようです

混雑度にもよりますが、半日あれば十分に回ることができます。

絶叫マシーン好きの方にはやや物足りないかもしれませんが、古き良き遊園地という風情があります^^

動画でもご紹介していますので、ぜひ御覧ください。

本記事が、八木山ベニーランドの情報を知りたい方や、これから行く予定の方々の参考になれば幸いです^^。ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。