ディズニーランド

東京ディズニーリゾート再開園したらどうなる?入園制限は?上海ディズニーランドを参考にしてみる

休園中の東京ディズニーリゾート、緊急事態宣言も5月末まで延長されて、現時点では開園の目処が立っていません。

ディズニーファンにとっては開園がいつになるのかも大事ですが、再開園した際に、どのような形で開園するかというのも非常に気になります。

というのも、これまでのディズニーランドでは、以下のような状況が日常的にみられることから、現在新型コロナ感染対策としての「3密」の回避がとても無理と思われるからです。

ディズニーランドで不可避な3密の状況の例

  • アトラクションでのスタンバイで待っている間の密接状態
  • キャラクターダイニング等でのキャラクターとのふれあい
  • 混雑状態でのディズニーリゾートライン
  • 混雑したレストランでの密集状態での会食

などなど、休日はもちろんのこと、現在の東京ディズニーリゾートでは、平日でもほぼこれらの3密状態は不可避です。

悲しいことですが、有効なワクチンが開発されて、新型コロナウイルス感染症が克服されないと以前のようにみんなが自由に動き回れるディズニーランドは戻ってこないと推定します。

そこでこの記事では、再開園した際のディズニーランドがどの様になるかについて大胆に予想してみたいと思います。

あくまで個人的な適当な予想ですので、そのつもりでお読みいただけますと幸いです。

また、もしご意見等ありましたら是非コメント頂けますと幸いです。

目次

今年2月までのディズニーランド側の新型コロナ対策と休園後の経過

休園前までのディズニーリゾートの新型コロナ対策

今年2月にディズニーランドが休園する前は、以下のような新型コロナウイルス対策が行われていると公式ホームページに発表されていました。

ゲストの皆さまへ

東京ディズニーリゾートでは、新型コロナウイルスをはじめとする感染予防および拡散防止のため、ゲストの皆さまには以下のご協力をお願いいたします。

・風邪のような症状のある方はご来園をお控えくださいますよう、お願いいたします
・パーク内のレストルームに消毒液をご用意しております。手洗いの際にご利用ください
・ご来園中に体調が悪化したり、気分が優れなくなった場合は、お近くのキャストまでお申し出ください

なお、1月28日(火)よりキャストもマスクを着用しております。

(ディズニー公式サイトより)

この時点では、キャストはマスクをしていたものの、中国人観光客の渡航制限などもなく、希望する人が入場料を払って自由に入場することができており、客側にマスク着用の義務などの制限は基本的にありませんでした。

というのも、2月中旬ころの時点で、中国(香港)のディズニーランドは休園していたものの、ダイヤモンド・プリンセスを除いた日本国内の感染者数は2ケタであり、まだまだどんな感染症なのか理解が進んでいなかったのです。

2020年2月29日、東京ディズニーランド、ディズニーシーが休園を発表

その後、政府から小中高校の休校が宣言されたのとタイミングを合わせる形で、当初2月29日から3月15日までの休園が発表されました。

当初は3月15日までの休園とのことでしたが、その後すぐに休園の延期が発表され、現在は以下のように5月中旬までの延期が発表されています。

本日、緊急事態宣言が5月31日まで大幅に延長されることが確定しました。

この決定を受けて、ディズニーランドの休園が5月31日まで延期されるのはほぼ確定と言っていいと思います。

ディズニーファンにとっては大変残念な延期ではありますが、実際いつまで延期されるかも現時点では予想できませんし、仮に新型コロナが終息していない段階で再開した場合に、どのような営業形態になるのかなかなか予想が難しいですよね。

そこで、以下再開の時期とともに、再開後の営業形態がどうなるのかについて、あくまで個人的な予想を書いてみたいと思います。

東京ディズニーリゾートはいつ再開されるのか?

まずはどんな形であれ、再開されないと話になりませんよね。

東京ディズニーリゾート再開園の条件

新型コロナウイルス感染症の流行を考慮した開園時期

新型コロナウイルス感染症を基準として考えた場合には、再開の条件としてはおそらく実現可能な順に、以下が考えられます。

  1. 感染者数が減少して、緊急事態宣言等の外出制限が大幅に緩和された場合
  2. 治療薬が開発されて、治療法がほぼ確立されたとき
  3. 効果的なワクチンが開発されて、感染の心配がなくなったとき
  4. 自然な集団免疫が獲得されて感染の心配がなくなったとき
  5. 世界的に感染者がゼロになり、WHOから終息宣言がなされたとき

ちなみに、アビガンやレムデシビルなどの治療薬が話題になっていますが、治療薬単独では、コロナを収束させるのは難しいと思います

有効なワクチンがないと、感染の心配なく安心して暮らすことは難しいでしょう。

自然な集団免疫の獲得については、日本国内だけであれば数年以内に可能と思われますが、世界でとなるとさらに時間が必要と思われます。

最終的にWHOから終息宣言が出てくれれば最高なのですが、これは出ない可能性があるのと、かなり時間が必要(おそらく5年~)と思います。

東京ディズニーリゾートの経営を判断材料として考えた開園時期

一方で、企業として存続することを考えた場合には、上記とは別の考え方が必要です。

一般に遊園地は、お客の入場料収入が主な収入源であり、ホテルも含め、休園期間中は基本的に赤字となります。

予想されることですが、東京ディズニーリゾートの親会社であるオリエンタルランドは遊園地としては非常にキャッシュリッチで健全経営がなされているとされています。

オリエンタルランドの財務状況については

夢の国を休園しているオリエンタルランドに倒産の心配はないのか?

のブログで詳しく解説されていますが、こちらのブログによるとオリエンタルランドは、最大で約1.5年まで持ちこたえることが可能ではないかと推定されています。

逆に言うと、再開園まで1.5年(2021年の8月ころ)をすぎてしまうと(想像したくはありませんが)、オリエンタルランドが倒産して東京ディズニーリゾートが消滅する可能性があります

実際には、雇用しているスタッフの生活などもありますし、そこまで開園できない状況は考えにくいですが、計算上そうなる、ということです。

社会的状況を考慮した開園時期

緊急事態宣言中や、もし今後再度感染の波が来てロックダウン(都市封鎖)などされると、開園は難しく、緊急事態宣言が解除されてもすぐに開園ということはないでしょう。

一方で、緊急事態宣言が解除されても、学校が休校の場合にディズニーランドを開園していると、間違いなく一定数は行くでしょうから、批判が大きいと思われます。

休園の最大の理由が小中高の休校と考えられますので、開園についても、小中高校の再開(休校解除)をきっかけに判断される可能性が最も高い思われます。

現実的にいつごろの再開が可能か

さて、それでは、いろいろな状況から、現実的にいつごろ再開可能か考えてみたいと思います。

まず経営的なタイムリミットが1.5年であることから、来年の7月までには確実に再開園すると思われます。

一方で、首都圏で学校が再開するのは遅くとも9月と思われます。感染の状況次第では6~7月くらいから再開されるのではないでしょうか(入学時期が9月になるかどうかは別の問題です)。

すると、再開園の時期は今年の6月から来年の7月の間と思われます。

その場合、開園の時期としては上記のコロナウイルス感染症を考慮した場合の④と⑤については考えにくくなり、①「感染者が減少しながらも有効なコロナ対策がない状態」ないし③「ワクチンができて感染がある程度コントロールできる状態」での開園となるのではないでしょうか

上海ディズニーランドは5月中に開園か

ちなみに、つい最近、上海ディズニーランドが5月中に開園するとの情報が写真付きで公開されていました。

それによると

  • 体温測定
  • マスク着用
  • アプリでの入場の可否表示(色で表示されるようです)

により、入場制限を行うようです。通路には、以下のようなマークが貼られたりしているようです。

果たして、これで感染者の増加を防ぐことが可能か、注目ですね。

上海ディズニーランド 5月中旬に開園かWDW news Todayというニュースサイトに、上海ディズニーランドが5月中旬に開園するという記事が掲載されました。 以下、和...

再開園の場合、東京ディズニーリゾートの対応はどうなる?

実際に開園が決定した場合、新型コロナの状況によりディズニーランド側の対応が大きく異なることが予想されます。

以下では、有効なコロナ対策がない状態で開園した場合と、ワクチンが開発されてほぼ感染がコントロールできた場合に分けて考えてみます。

その後、個別の施設やアトラクションについて、どのような形で営業されるのかを予想してみます。

①有効なコロナ対策がない状態で開園した場合:入場制限が必要か

東京ディズニーリゾートの経営状況から考えた場合、2020年中のいずれかの時期、まだ有効なワクチンや治療薬が完成していない段階で開園する可能性も十分に考えられます。

その場合、有効なワクチンが開発されるまでは、「3密」を回避するために、入場制限が必要になることは容易に想像できます(名指しで国から要請されるかもしれませんね)。

入場制限があるにしてもないにしても、マスク着用と体温測定が必須になるのは間違いないでしょう。

問題はどのようにして入場制限をするかということになりますが、入場制限の方法について、以下考察します。

①-1 入園料を値上げして人数を制限する

入園料を値上げすることで、東京ディズニーリゾートへ行きにくくして、実質的に入場者数を制限する方法です。

料金設定によっては「金持ち優遇」などの批判はあるかもしれませんが、お金さえ払えば、行きたい人が行けますし、入園人数を制限する必要もありません。

ディズニーリゾート側の経営を考えても、実質的に入場制限をしながら売上をある程度維持する唯一の方法ともいえます。

ただし、どの程度入園料を値上げすればどの程度人数を減らせるかについては予測が難しいところがあるかもしれませんので、人数や曜日によって入園料が上下する変動制の可能性もあります。

①-2 入園料はそのままで、開園する施設などを制限する

入園料はそのままにして、例えば、アトラクションやエリアの稼働を半分程度にする方法です。

遊べる範囲が減りますので、相対的に入園料が割高になり、おそらく入園人数が減ると思います。

働くスタッフの人数も減らせますので、人件費なども減らすことが可能です。

ただし、売上高も半減しますし、なによりディズニーリゾートの魅力が半減することから、この方法は取りにくいのではないかと思われます。

①-3 入園料はそのままで、人数制限を行う

ディズニーリゾート側ではできれば入園料は上げたくないでしょうし、お客側も値上げはイヤでしょうから、単純に入園人数を制限する可能性もあります。

これまでも、ゴールデンウィークや年末年始など、入場者があまりに多い場合には、入園制限が行われてきましたが、その限度をさらに縮小(1/3程度?)するという方法です。

ただし、入場者数を例えば現在の1/3程度に制限するとなると、ほぼ毎日人数制限に引っかかる可能性があると思われます。

人数制限の方法としては、予約の先着販売のみの入場や、抽選などの方法があると思われます。

ネットを使えないあるいは使いにくい方や、抽選の方法によっては不公平感が生まれる可能性があります。

また、知らずに当日ディズニーランドに行って、断られる場合もあると思いますので、トータルでは不満に思う方は多いかもしれません。

いずれにしても入場制限は容易ではない

いずれの方法でも、入場制限は容易ではないと思われますので、特に入場制限をしない可能性ももちろんあります。

特に上の①-1~3の方法のうち、①-2と①-3の対応の場合には、東京ディズニーリゾートの売上減は必至です。

再開前に対応方法が発表されると思いますが、どの様になるか注目です。

③有効なワクチンができてから開園した場合 入場制限は不要かも

②の治療薬が完成した段階では、東京ディズニーリゾートの対応は①と同様と考えられますので、③のワクチンが開発できてから開園した場合について考えてみます。

現実的な状況から考えて、ワクチンが完成して、日本国民全員に接種可能になるには早くて1年、つまり来年の春ごろになると思われます。

そこまで開園を引っ張る可能性は低いと思われますが、その場合には、以下のような対応が考えられます。

③-1 以前と全く同様の条件での入場

もし国内で素晴らしいワクチンが完成して、ほぼ全国民に接種された場合には、以前と全く同様の条件でディズニーリゾートを楽しむことが可能になると思われます。

おそらくスタッフはマスクをしているかもしれませんし、入園者もマスクや手洗いは推奨されると思いますが、入園料の値上げもなく、レストランやキャラクターグリーティングも行われます。

こうなってくれれば最高ですが、実現は難しいかもしれません。

③-2 ワクチンの接種(ないし感染の既往)が入場の条件となる

感染の既往があり、再感染しない人や、ワクチンを接種した人には、「感染証明書」や「ワクチン接種証明書」のようなものが発行される可能性があります。

入場の条件として、これらの証明書が必要となる可能性は十分にあります。

証明書がある場合には、3密を避ける必要はなくなりますし、結果的に人数がやや制限された形で上記③-1と同様の対応になると思われます。

③-3 一定期間、入園制限を行う

1~数年間、新型コロナが完全に終息するまで(WHOで終息宣言されるまで)、入園人数を制限する可能性は十分にあります。

この場合は、上記①で考察したように、入場制限をする方法が検討されるのではないでしょうか。

入園時間はコントロールされるか?

入園時の混雑はアトラクションのスタンバイと同様、3密の要因となります。

そのため、チケット購入の段階で、10~30分区切りで時間をずらしての入園時間が設定される可能性は十分に考えられます。

ただ、閉園については、各自バラバラであることと、閉園時間を設定しても時間を守ってもらえない可能性がありますので、入園時間はずらせても、閉園時間はずらされない可能性はあります。

アトラクションはすべてファストパスでの対応となる?

アトラクションの待ち時間(特にスタンバイ)は3密要因の最も大きなものと思われますので、アトラクションの入場制限は重要な対策になると思われます。

予想ですが、スタンバイは廃止され、すべて時間を区切ってのファストパス(名前がこうなるかわかりませんが)による対応になるのではないかと思います。

その場合、紙チケットでのファストパスは廃止され、昨年から利用されているスマホアプリ上からのファストパス取得と同様の方法でのアトラクション入場制限となると思われます。

カリフォルニアディズニーランドのアトラクション、スターウォーズ・ライズオブザ・レジスタンスで採用されている「バーチャルQ」のようなシステム(朝一でスマホ上で配布される整理券のようなもの)が採用されるかもしれません。

いずれにしろ、当面スタンバイエントランスは中止になるのではないでしょうか?

接触を減らすために紙のチケットやキャラクターグリーティングは廃止

ここ最近、スマホアプリの活用などで、ファストパスの発券などがスマホ上で可能になってきていますが、その流れもあり、紙のチケットは廃止されるのではないでしょうか。

また、直接のふれあいとなるキャラクターグリーティングは当面休止になると思われます(シェフミッキー等も同様です)。

ビビディバビディブティックも同様に当面は休止と思われます。

レストランは一部休止か?

シェフミッキー等のキャラクターグリーティングのあるレストランは中止になると思われます。

その他のレストランは人数を制限しながら続けることになるのではないでしょうか。

ビュッフェ形式のレストランはビュッフェではなくなる可能性があります。

ディズニーホテルは通常営業か

ホテルについては、周辺のホテルと同様の対応が予想されることから、パークより先に開業される可能性があります。

実際、上海ディズニーランドや香港ディズニーランドではホテルの営業は継続されています。

また、パーク内と比べると混雑のコントロールが容易であることから、施設についてもほぼ完全に利用できるようになるかもしれません。

イクスピアリはどうなる?

イクスピアリについては、園外の商業施設となりますので、周辺の商業施設と同様の扱いとなるのではないでしょうか。

ただ、混雑する可能性はありますので、何らかの入場制限がとられることがあるかもしれません。

私の大胆予想

私個人の予想

以上、いろいろと可能性について考察してきました。

個人の予想としては以下のようになります。

  • 開園時期は今年の7~9月ころ(学校の休校解除にあわせての開園→有効な治療やワクチンが完成していない時期)
  • 期間限定で入園料を値上げ(2倍程度?ワクチンの接種が普及するまで)
  • 紙チケット廃止、全てスマホないしPC上で予約、決済
  • 時間をずらしての入園開始
  • アトラクションはすべてスマホ予約のファストパス形式
  • レストランやキャラクターグリーティングは一部を除いて休止
  • ディズニーホテルは通常営業

入園料を2倍にすると、入場者数が1/3程度になり(根拠はありません)、ファストパスも利用することで、なんとか「3密」を回避という大胆な予測です。

ドクターY
ドクターY
あくまで個人の予想なので、外れても大目に見てくださいね^^

皆さんはどのように予想されますか?是非コメントをください

ここまで、私の独断でいろいろと書いてきましたが、ディズニーファンの皆さんにもいろいろ予想されている方がいると思います。

そういった予想について、是非コメント頂けますと幸いです。

必要であれば記事の一部を改変していきたいと考えております。

ディズニーリゾート 再開園したらどうなる? まとめ

ディズニーリゾート 再開園したらどうなるの? まとめ
  • 再開園の時期は、小中高の休校解除に合わせてとなる可能性があります
  • ワクチンが間に合わない場合には、何らかの入場制限がされる可能性があります
  • 私の大胆予想もしてみました

以前と同様に、なんの制限もない東京ディズニーリゾートが理想ですが、私の予想は、開園から一定の期間は、何らかの形で入場制限がされる可能性があるという予想です。

今後の日本を象徴するような出来事になる可能性もあります。

以前のような自由な夢の国が復活することを祈っています。

本記事が、ディズニーランドの開園に興味のある方の参考になれば幸いです^^。是非皆さんのご意見をコメントいただけますと幸いです!

その他のディズニー関連情報はこちらからどうぞ
ブログランキング ディズニーランド&シー参加中です!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ 

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。