おやこ英語

【Raz Kids】Headsproutってどんな教材?【ラズキッズ】

4歳半から始めたおやこ英語、現在のメイン教材は
Palkids Kinder September
Palkids I love reading Month6

ですが、その他にRaz-kidsのHeadsproutを毎日少しずつ進めています。

このHeadsproutですが、レビューされている方が少なかったので、今回記事にしてみます。

フォニックス、リーディング学習教材【Headsprout】

幼児英語学習教材として有名なRaz-kids(ラズキッズ)ですが、そのサイト内で、Headsproutというこれまた素晴らしい教材があります。ただ、あまり知られていないのと、個人で行うにはやや料金がかかることから、使っている人は多くないようですので、以下に解説します。

この教材ですが、Headsprout=Head「頭」+sprout「芽」ということで、おそらく「知能の萌芽」のような、これから英語学習をしていく子どもたちの知能発達を芽生えさせるような目的で作られた教材かと思われます。内容については以下に説明しますが、まさにこれから英語学習を始めるお子さんにはとても素晴らしい教材ではないかと考えています。

なお、HeadsproutはEarly reading(80エピソード)とReading comprehension(50エピソード)のステージに分かれています。今回の記事ではEarly readingについて書いてあります。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

Headsproutってどんな教材?

でも、どんな教材か、名前を聞いただけではイメージできませんよね。

ホームページのAbout Headsproutのページには

と書かれています。目的は、リーディングのスキルを作ることとなっています。具体的には、日々の取り組みは、フォニックス読みを含めた単語、絵を使った簡単なリーディングと簡単なリスニングがメインです。年齢はK-5(幼児から小5くらいまで)となっていますが、ある程度字が読める(認識できる)年齢なら始められると思います。また、これから英語をはじめる小学生や中1でも問題ないと思います。

以下、具体的なレッスン画面です。


まずはsのフォニックス読み「ス」からスタートです(Episode1)。声に出すことを求められます。(実際には声を出さなくても進めることは可能です)

最初はごく簡単なフォニックス読みが中心です。その後、単語が出てきて、少しずつセンテンスが出てきます。


単語は短めのいわゆるサイトワード中心です(図はエピソード16)


アニメーションがたくさんでてくるので、幼児でも楽しく進められます。


単語を選んでセンテンスを作ると・・・


それに対応したアニメ(動きます)がでてきたり(Episode56)、


これくらいの文を読んでから(Episode65)、


ひとつひとつの段落に対応した内容の絵が出てきたりします。

後半では、一つのエピソードが終わると、そのエピソードに出てきた単語を使用した絵本でリーディングの練習です。エピソードでたくさん練習した単語が中心ですので、初見でも比較的スムーズに読めると思います。

たくさんの絵と音が出てきて、自分の声も出しながらインタラクティブに進んでいきますので、とても子供が取り組みやすくなっています。エピソードが進んでくると、段々とセンテンスが長くなってきて、エピソード終了時の課題図書の難易度も上がってきます。そうして、いつの間にかリーディングのスキルが上がってくるように作られた教材です。

Headsproutの難易度は

最初の方の難易度は、文字を読みはじめくらいの幼児でもできると思いますが、進めていくと少しずつ難易度が上がっていきますので、ある程度の年齢で、フォニックスの勉強のため、あるいは他のフォニックス教材と並行して進めていくのがいいように思います。

後半では、リーディング教材として200-300字程度の絵本が出てきますので、小さなお子さんにはチャレンジングですが、そのエピソードに出てきた単語で構成される読みやすい絵本ですので、まだ初見での絵本読みが難しい比較的低年令の場合でも読んでいけるのではないでしょうか。

また、ある程度おうち英語でフォニックスや絵本等読んでいるお子さんであれば、途中の少し手応えのあるところからはじめることもできます。

Headsproutを終了するのにどれくらいの時間が必要?

Early readingにはエピソードが80あります。みていると、1つのエピソードにつき10-20分くらいかかるようです。子供の集中力にもよりますが、うちの娘の場合、5分くらいでやめたがりますので(汗)、1つのエピソードをおえるのに3-4日かかります。

ですので子供のペース次第で、1-2ヶ月位で終わらせることもできるでしょうし、1年近くかかる可能性もあります。

教材の内容はあまり早く終わらせるのはもったいない感じもしますので、1つのエピソードを数日かけて半年~一年程度でゆっくりやっていくのがいいように思います。

ちなみに1つのエピソードは細かくセーブされますので、途中でやめてもほぼ同じ場所からはじめることができます。

Headsproutの値段は?

Headsproutの家庭用ライセンスは1年分で、$199.95(1ドル107円として約21400円)です。ちょっと高いですね。

Raz-kidsについては共同購入が一般的なようですが、Headsproutはあまり聞きません。なお、営利目的でネット上で会員を集めるのは禁止されているようです

モッピー!お金がたまるポイントサイト

お楽しみ要素のアバタービルダー

お勉強アプリにはつきものの、お楽しみ要素もあります。Raz-KidsではおなじみのアバタービルダーのスターポイントはHeadsproutでもエピソードをクリアするともらえます。ただ、1つのエピソードにかかる時間がやや長いので、Raz-Kidsよりはたまりは悪いようです。

娘のアバターです。顔や服などいろいろな要素を組み合わせてアバターを作ります。最初の頃は面白がってやっていましたが、最近はあまり興味を示しませんw。

Headsproutはオススメか?

フォニックス系の教材はたくさんありますが、これくらいのボリュームで最終的にリーディングまで持っていける教材は少ないのではないでしょうか?子供の食いつきもとてもよく、完成度の高い教材です。個人的には是非オススメしたいと思います。

本記事が、Headsproutをご検討中の方の参考になれば幸いです^^。ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA