ポイントサイト

THEO+docomoでモッピーポイント!口座開設~取引~ポイント獲得まで解説

THEO(テオ:ロボアドバイサーによる資産運用)+docomoの口座開設と入金のみでモッピーポイント6,000ポイント(\6,000円相当)が獲得できるキャンペーン中です!

通常、証券会社の高ポイント案件は、一定の取引も必要なことが多いのですが、今回は口座開設と10,000円以上の入金のみと非常に気楽にできるところがポイントです(ただし、あとで解説しますが実際には取引が発生します)。

資産運用をする気は無いよ、という方でも少ないリスクで申し込み可能です。

さらに、ポイントサイト、モッピーのいいところは、JALマイルとANAマイルの両方を高レートで貯めることができる点です。

簡単にクリアできる条件で、6,000ポイントももらえて、しかもJALマイルまたはANAマイルに高レートで交換できるチャンスです。いつまで続くかわかりませんので急ぎましょう!

本記事内には最新ではない情報が含まれていますので、ご利用の際にはご注意ください(いつの情報か明示してありますのでご安心ください)。

本記事では、モッピー経由の【THEO+docomo】口座開設と入金で6,000ポイントを獲得する方法と、それをマイルに交換する方法について解説します。

THEOとは

THEO(テオ)は、世界に上場しているETF(上場投資信託)を投資対象として、AIにより自動でバランス良く分散投資をしてくれる資産運用です。

THEOのホームページによると、期待リターン4.8%(2007年の世界金融危機直前からTHEOのポートフォリオを運用したシミュレーションによる数値。)とのことです。

簡単に言うと、お金を預けておくと、AIが勝手に資産運用してくれて、毎年4.8%程度増えることが期待できますよ、という金融商品です。

基本コンセプトはWealthnavi(ウエルスナビ)とほぼ同じです。

プロあるいは機関による資産運用というと、これまでは富裕層が対象であるというイメージでしたが、AIの導入により、少額から開始できる点が画期的です。

THEOのメリットとデメリットをまとめてみます。

【THEOのメリット】

  • 1万円から投資可能
  • 手数料がシンプル(預かり資産の1%[年率])
  • 投資対象がETFのため、リスクが低い

なんといっても、1万円と少額から投資可能なところが最大のメリットです。

同様にAI運用を行うWealthnaviは最低投資額が10万円からですし、おそらく個人が資産運用を任せられる投資方法としては最低レベルではないかと思います(今回のポイント獲得条件も10,000円以上の入金です)。

手数料が定率で、わかりやすいというのもいいところですね。特に初心者には安心感があります。

また、投資対象が原則としてETFであることから、ローリスクであるのも安心ですね(ただし、ローリターンです)

一方で、以下のようなデメリットもあります。

【THEOのデメリット】

  • NISAの対象とならない
  • ETFが対象なので、リターンが少ない

NISAの対象とならないのは個人投資家のメリットが活かせない点で、デメリットといえます。同様に確定拠出年金(iDeCo)の対象にもなりません。

また、少額から始められて、投資対象がETFということは、リスクが低い一方で、リターンも低いといえます。ここはオモテウラの関係ですのでしょうがないですね。

以上のように、ややわかりにくい資産運用ですが、リスクが低いのは間違いないところですので、ポイント獲得のために割り切って最低額で申し込んでみるのもいいのではないでしょうか?

では、最大限にお得に口座開設するために、以下の手順で口座開設を行っていきましょう。

THEOの口座開設をモッピー経由で

まずはモッピーに登録しましょう

モッピーといえば、管理人一押しのポイントサイトです。

モッピーがオススメである理由

運営会社が東証一部上場のセレスである
平均で還元ポイントが高く、高ポイント案件が多い
少ない経由ポイントでANAマイルに高レート交換可能
JALマイルにも高レートで交換可能

モッピー!お金がたまるポイントサイト

上のリンクから登録してもらうと、ボーナスが出ますので、是非登録してください。登録自体は数分で終了すると思います。

次にモッピーのサイトでTHEOを検索します。

モッピー経由でTHEOの口座開設

モッピーに登録したら、「THEO」で検索しましょう。

こちらの「POINT GET!」から申し込みますが、その前に、ポイント獲得条件について確認しておきましょう。

ポイント獲得条件
【獲得条件】
新規口座開設後、1万円以上の入金
初めて「THEO+docomo」で口座開設をされた方のみ対象
WEB申込後30日以内に運用開始された方のみ対象(本人情報登録後、1万円以上の入金) 

【獲得対象外】
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・未入金・キャンセル・返品
※同一ユーザーからの2回目以降のお申込み
※既存会員の申込
※口座開設未完了の場合
※THEO+docomo以外のサービスにお申込みを行なった場合
※通常のTHEOを既にご利用の場合
※申込後30日以内に、1万円以上の入金が確認できない場合

【広告の使い方】

広告サイトへアクセス→今すぐ始めるをクリック→ユーザー登録→アカウント登録完了→必要事項の入力→入力内容の確認→新規口座開設完了→1万円以上の入金→新規口座開設後1万円以上の入金完了!
  • ※ 獲得時期は必ず期間中に認証可否が確定する事を保証するものではございません。
    あくまでも目安としてご参考にしてください。
  • ※ 認証可否の確定後、予定明細から確定明細への反映に1日~2日程度お時間がかかります。
  • ※ モッピーポイントについて、直接スポンサーサイトへ問合せする事を固く禁じます。
    問合せた場合、いかなる理由があろうとポイント付与対象外と致します。
    ご了承ください。

(モッピーより)

と、なっています。

基本的にはモッピーを経由して新規に口座開設をして、口座に1万円を入金すればオッケーです。

ただし、少々わかりにくいのですが、獲得条件の中に、「運用開始」とありますので、運用せずに、1万円を入金してすぐ出金すると獲得対象にはならないと思いますので注意が必要です。

具体的には、1万円を入金して、運用が開始されるまで放っておきましょう

運用されるということは、手数料が発生し、値動きのリスクもありますので、全くリスクがゼロということではありません。(ただし、上記のようにETFの運用ですので、10,000円程度の運用であれば大きなマイナスにはならないと思います)

その他には、特に条件はありません。実際に自分も申し込んでみましたので、その手順について、以下で解説します(運用結果に関しては後ほど追記します)。

以下は2019年12月の情報です。最新の方法とは設定金額等、異なる可能性がありますが、ご了承ください。

実際のTHEOの口座開設~入金~運用まで

まずは口座開設

実際の口座開設の手順について以下、解説します。

なお、途中でマイナンバー登録と銀行口座登録が必要ですので、用意しておいてください。

まずはメールアドレスの登録です。登録すると、メールが届きますので、そちらに記載のURLをクリックします。

メールからURLをクリックするといきなり「資産運用方針を決定しました」の画面になりますが、そのまま次へ進みます。

基本情報を入力して進めます。

「確定申告をTHEOに任せる」の部分はチェックしてそのまま進めます。

マイナンバーを登録します。マイナンバー登録は必須となっています。

現在、証券会社やFX口座の申し込みには、マイナンバーカードないしマイナンバー通知番号の提示が必須になっています。

マイナンバーカードの取得は面倒ですが、証券やFXの申込みは高ポイントのことが多いので、今後も陸マイラーないしポイ活するのであれば、この機会にとっておいてもいいでしょう。 

「対象書面」のところをクリックして「承諾する」へ進みます。

契約書面等を確認して、口座開設は終了です。続いて銀行口座を登録します。

ネットに対応している銀行はだいたい大丈夫です。あとから書面で口座登録するのはめんどうですので、できればここで対応している銀行を選んで設定しましょう。

積立額を設定します。ここで設定すると、設定した金額が、毎月上記で設定した銀行口座から引き落とされますのでご注意ください。

ポイント獲得目的であれば、積立設定はOFFに設定しましょう

以上で申し込みが終了です。

この後で確認の書類が送られてきてから、入金、資産運用開始です。

口座開設後、入金しましょう

数日後(私の場合は申込みの4日後)、口座開設完了メールがとどきました。

モッピーの条件である10万円以上(念の為101,000円入金しました)入金しましょう。メールに送られてきたリンクをクリックしてログインします。

ログイン後、以下の画面になりますので、「入金」をクリックします。

下の画面になりますので、入金する金額を入力して口座を設定した金融機関を選択します。

条件は100,000円の入金ですが、念の為101,000円の入金にしています(2020年1月のキャンペーンとは条件が異なりますのでご注意ください)。

この後、各銀行のログイン画面からログインして、入金します。

入金できました。この後、設定した運用額で運用が開始されます。

資産運用開始

入金して数日後、メールで「資産運用を開始しました」とのメールがきました

トップ画面をみると、101,210円になっていますので、現時点で+210円の運用成績ということですね。

「ポートフォリオ」→「保有銘柄」をみると、しっかり分散投資されているのがわかります。

投資額が少ないので、かなり細かく投資していますね^^。

あとはこのままポイントが付与されるのを待ちます。今回の条件では、出金をしてもポイントが付与されるかどうか曖昧ですので、ポイントがはいるまでは出金しないほうがいいと思います。

ポイント目的の場合には、ポイントがモッピーで獲得できたら解約して、出金するのを忘れないようにしましょう

さて、無事口座開設~入金~資産運用ができて、モッピーポイントが付与されましたら、以下にお進みください。

モッピーポイントはJALマイルまたはANAマイルに高レートで交換可能

さて、モッピーポイント6,000ポイントを獲得したら、もちろんそのまま現金扱いで使用しても十分お得ですが、マイルに交換すると価値が数倍になる可能性がありますので、JALまたはANAマイルに交換しましょう

モッピーポイントからJALマイルへの交換

モッピーのいいところは、JALマイルに最も高レートで交換可能なところです。現在、以下のスカイボーナスキャンペーンを行っており、実質80%の還元レートを実現しています。


ポイント獲得条件は

  1. モッピー公式PONT WALLET VISA PREPAIDを保有
  2. ドリームキャンペーン対象広告をクリアしてポイントを貯める
  3. 利用した広告の合計ポイントが15,000ポイント以上で80%還元の権利獲得
  4. 12,000ポイントをJALマイルに交換

となっています。多少面倒なところはありますが、JALマイラーであれば、是非頑張って高レートでJALマイルに交換しましょう。

モッピーポイントからANAマイルへの交換 TOKYUルートで交換レート75%で交換可能!

モッピーポイントからANAマイルへの交換については、以下に詳しくまとめていますので、御覧ください。

現時点では、TOKYUポイントルートと呼ばれる交換ルートが75%で交換可能です。

なお、ソラチカルートはLINEポイント→メトロポイントの廃止により、2019年一杯で終了の予定しましたのでご注意ください。ですので、それ以降はTOKYUルートでのポイント交換が最も高レートとなります。

なお、モッピーでは独自に還元を行って、現在TOKYUルートでは最大86.3%での交換が可能になっています

このキャンペーンを適用するには

  1. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの発行
  2. モッピー公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」の発行
  3. エクスプレスキャンペーン対象広告15,000ポイント以上の利用
  4. モッピーポイント10,000ポイントをドットマネーに交換
  5. ドットマネー10,000ポイントをTOKYU POINTに交換

これらの条件をクリアすると、還元ポイントがもらえてトータルで86.3%還元になるというものです。

こちらもJALのキャンペーンと同様にやや複雑ですが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードをこれから発行する方などはついでに行ってもいいかもしれません。

モッピー経由でTHEOの口座開設と入金で6,000ポイント獲得し、マイル発行する方法まとめ

モッピー経由でのTHEO口座開設まとめ
  1. まずはモッピーに登録しましょう
  2. モッピー経由でTHEO口座開設申し込みと1万円以上入金します
  3. THEOでの運用開始とポイント付加を確認します(ここが少し時間がかかると思います)
  4. ポイント付与後、出金を忘れないようにしましょう
  5. モッピーポイント6,000ポイント獲得後、ANAマイルまたはJALマイルへの高レート交換

ごく少ないリスクで、ポイントがもらえる案件ですので、ポイントサイトの高ポイント案件と割り切って口座開設をするというのが良いのではないでしょうか?

本記事が、皆様の高ポイント獲得と大量マイル獲得のお役に立てば嬉しいです^^。

あわせて読みたい>>人気クレジットカードの届くまでの日数を公開します!

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。