FX

【高ポイント案件】大量ポイント獲得のために、FX取引やってみよう!【マイル獲得】

この記事でわかること

この記事では、大量マイルの獲得には欠かせない、ポイントサイトでの高ポイント案件であるFX口座開設~取引について、実際に取引を行いつつ解説しています

高ポイント案件であるFX案件まとめ

  • ポイントサイトのFX案件が大量マイル獲得への近道
  • モッピーの高P案件だったFX業者、MATRIX TRADERでの取引を以下に解説
  • ポイントの獲得条件と、スプレッドには注意
  • ときどき大きなキャンペーンがあるので常にポイントサイトのチェックを!

飛行機に乗らなくても、大量のマイルを貯めて、ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券をゲットしている陸マイラーと呼ばれる人々。 その基本的な考え方、方法論については以下の記事に詳しく書いていますので、これからマイルを貯めたい、陸マイラーとしての知識をつけたいという方はまずは以下の記事をご覧ください。

【まずはここから】ビジネスクラスも夢じゃない!ANAマイルの貯め方!【重要】 たくさん飛行機に乗って、クレジットカードで買い物をして・・・そう考えていた時期が私にもありました。 実は管理人は約10年前...

上の記事にあるように、大量マイルを獲得するための重要な方法の一つが、ポイントサイトの活用によるポイント獲得です。その中でも、クレジットカード、証券会社、FXといった金融系案件が特に高ポイントでオススメです。この記事では、ポイントサイト モッピー経由で高ポイント案件であったFX口座開設~取引条件達成までを実際の口座を使いつつ解説していきます。

①モッピー経由でFX口座開設申込

数あるポイントサイトのなかでも、モッピーは以下の点から最もオススメです。

モッピーがオススメである理由

運営会社が東証一部上場のセレスである
平均で還元ポイントが高く、高ポイント案件が多い
少ない経由ポイントでANAマイルに高レート交換可能
JALマイルにも高レートで交換可能

モッピー!お金がたまるポイントサイト

上のリンクから登録してもらうと、ボーナスが出ますので、是非登録してください。

さて、モッピーで「FX」と検索すると、以下のようにたくさんの案件が出てきます。しかもどれも高ポイントです!

今回申し込んだ案件は、右上の「MATRIX TRADER」です。当記事作成時点では5500ポイントとなっています。この5500ポイントはソラチカルートでは4450マイルほどに相当します。なお、ソラチカルートについて知りたい方は以下のリンクに詳しく解説していますので御覧ください。

【ANAマイル】2019年9月最新 ソラチカカード入会キャンペーン 5万マイル貯まる!2019年7月19日より、【ANA JCBカード】の新規入会・利用で最大5万マイル以上がもらえるキャンペーンが行われています。以下ではソラチカカードを発行する際に、【ANA主催】【JCB主催】さらに【ポイントサイト】からもれなく最大のマイルをもらえる方法を解説します。...

スプレッドにもよりますが、今回のMATRIX TRADERはポイント獲得条件の達成だけを目的に売買しても手数料・損益あわせて2000円以内には収まりますので、使った金額の倍以上に相当するポイントはもらえることになります。ちなみに管理人が申し込んだときはキャンペーン中で11000ポイントもらえましたので、ざっと5倍になります。モッピーはときどき強烈なキャンペーンを行っていますので、それにあわせて申し込むのもいいですね。

さて、モッピーから「MATRIX TRADER」をクリックすると、以下の画面となります。

上の「POINT GET!」から申し込めばOKなのですが、その前に、最も重要な「ポイント獲得条件」について確認しましょう。

【獲得条件】

「口座開設後45日以内に新規ポジション50万通貨以上の取引完了」と、ありますが、はじめて見る方にはわかりにくいと思いますので、FXの案件のポイント獲得条件において注目すべき点として以下で解説します。

【FX案件の取引条件における注目点】

1.口座開設後の日数制限

2.入金金額の条件

3.取引量と新規取引のみか決済取引を含むか

1.口座開設後の日数制限
これは、条件クリアまでの日数ですので、特に問題ありませんね。

2.入金金額の条件
上の例では、入金金額の記載はありませんが、会社によっては「初回最低10万円入金」「ポイント獲得まで出金不可」などの条件が条件がつくことがあります。どちらにしても取引する際には最低10万円程度は必要ですので、ここもあまり問題になることはありません。

なお、入金に使用する銀行ですが、地方銀行などの場合、入金までに日数がかかったり振込手数料がかかる場合がありますので、入金する場合には、即時入金・反映が可能なネット系銀行(ジャパンネット銀行など)をおすすめします。

3.取引量と新規のみか決済を含むか

ここが最も重要です。FXの取引では、取引通貨(ドル円など)を決めたら、まず「新規ポジション(建玉購入)」を買いまたは売りで建てます。その後、建てたポジションを「決済(建玉売却)」します。これで1取引終了です。このときの新規取引のみが対象なのか、決済取引も対象なのかで、取引量が単純に半分または2倍になります。

今回の例では、「新規ポジション」とありますので、決済取引はカウントしないということがわかります。つまり、新規建玉50万通貨(決済を含めると100万通貨)以上の取引が必要ということですね。

つまり、
新規ポジション50万通貨単位=往復100万通貨単位ってことです。

ちなみに通貨やその時の値動きにもよりますが、新規建て後、即座に決済するとして、MATRIX TRADERの場合は、往復100万通貨単位を取引すると手数料・損益あわせてだいたい1000円~2000円程度必要です。このへんも考慮して、もらえるポイントとのバランスでお得な証券会社に申し込むようにしましょう。

これらの獲得条件は非常に大切ですので、モッピーのサイトで申し込む際に、コピーまたはメモをしてポイント付与が確認できるまで、とっておくことをオススメします。

なお、手数料・損益に大きな影響を与えるのはスプレッド(手数料のようなもの)です。このスプレッドについては、証券会社ごとに異なる非常に重要なポイントですので、スプレッドって何?って方は以下のボックスをご参照ください。

【スプレッドとは】

スプレッドとは、「買い」と「売り」の際のレートの差のことです。

下図のUSD/JPY(ドル円)の取引でいうと、ASK108.568がドルを買うときのレート、BID108.565がドルを売るときのレートです。ここに差があるため、仮に全く同時に売り買いしたとしても0.003(0.3銭)の差ができます。この差を「スプレッド」といい、基本的には証券会社の手数料相当です。

下はMATRIX TRADERの画面ですが、仮にこの状態で1万通貨単位売り買い(新規+決済)すると、損益0としても、スプレッド分で手数料として30円取られます。MATRIX TRADERの条件は50万通貨単位の取引ですから、30×50=1500で、手数料分として1500円ということになります。

一方で、下は外為オンラインの取引画面です。

スプレッドが上のMATRIX TRADERのものより大きいのがわかりますか?買い(ask)が108.55、売り(bid)が108.54で、スプレッドが0.01(1銭)になっています。ですので、この状態で1万通貨単位の売り買い(新規+決済)取引を行うと、スプレッドによる手数料として100円とられます。外為オンラインの場合に、上記と同様に50万通貨単位の取引を行うと100×50=5000で、手数料として5000円かかるということになります。

以上のように、スプレッドで大きく決済手数料すなわち条件達成までの金額が変わってきますので、可能であれば、申し込む前にスプレッドについて確認しておきましょう。証券会社のホームページや取引画面のサンプルを見ればわかります。0.3銭程度であれば、問題はないと言えますが、1銭あるいは、単位がドル円で小数点2桁までしかないようであれば申込をやめるのも一つです。

ちなみに管理人はMATRX TRADERで味をしめてよく確認せずに外為オンラインに申し込みましたが、ログインして取引画面から上記のスプレッドをみて取引をやめました(汗)。

 

②実際に取引してみました!

さて、モッピー経由でMATRIX TRADERに申し込んでから数日後、会員証が届きました。

ユーザーID、パスワードを確認して、早速ログインしましょう。

赤丸の「.NET版ログイン」からログインします。

クイック入金でお金を入金して、早速取引しましょう(今回は20万円入金しています)

赤丸「買い注文」をクリックして(「売り注文」でも大丈夫です)、

ロットを設定(上では20Lotです)してから、「確認画面へ」をクリックして、発注です。

ロットについてはわかりにくいので、簡単に解説します。今回は1Lot=1000通貨単位の設定ですので、10Lot=1万通貨単位となります。今回の条件にある、新規ポジション50万通貨単位取引するには、10Lotの取引を50回往復する必要があります。Lotの設定については証券会社および通貨によって異なることがありますので、取引前にご確認ください。

なお、証拠金(入金額)によって、取引できるLotが異なりますので、注意してください。10万円あたりおよそ20Lotくらいが目安です。

その後、すぐにこちらで「全決済注文」を押して決済します(この画面では建玉がありませんが、やることは同じです)。時間が経つと、為替が変動する可能性がありますので、単に取引回数を稼ぐだけであれば、すぐに決済する必要があります。

以上で、1取引終了です。結構簡単でしょ^^。

同様にして、500Lot分の新規ポジションとその決済を終了します。

「履歴検索」のメニューから、当日の取引履歴が検索できますので、買いまたは売りが500Lot相当あるか確認しましょう。

今回新規51万通貨単位(念の為1万単位多めにしました)の取引で、減少した金額は200000-198517=1483円でした。

以上で取引は終了です。お疲れ様でした~^^。

あとは、モッピーに反映されるのを待ちましょう。

FX取引、結構簡単だったのがおわかりでしょうか?往復100万通貨単位の取引ではおよそ2000円以下、200万通貨単位の取引ではおよそ4000円くらいの手数料・損益を見込んでもらえば大丈夫ですので、もらえるポイントと比較してみてください。

こんかいのMATRIX TRADERもそうですが、時々もらえるポイントが倍あるいは3倍になるキャンペーンがあったりしますので、モッピーを始めとしたポイントサイトのチェックもマメに行いましょう。当サイトでも可能な限りお知らせしていきますので時々チェックしてもらえますと幸いです。

 

高ポイント案件であるFX案件まとめ

  • ポイントサイトのFX案件が大量マイル獲得への近道
  • モッピーの高P案件だったFX業者、MATRIX TRADERでの取引を以下に解説
  • ポイントの獲得条件と、スプレッドには注意
  • ときどき大きなキャンペーンがあるので常にポイントサイトのチェックを!