ホテル宿泊記

【詳細解説】山形県 赤湯温泉 櫻湯 山茱萸(さんしゅゆ)全7室が温泉露天風呂付客室の宿 宿泊ブログレビュー



山形県赤湯温泉、全7室がすべて露天風呂付き客室という高級宿、「櫻湯 山茱萸(さくらゆ さんしゅゆ)」へ行ってきました!

今回は親子3人で山茱萸に宿泊してきました。

この記事では、温泉露天風呂付のお部屋、豪華夕食と朝食、館内散策までフルレビューします。

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

赤湯温泉 全7室が温泉露天風呂付客室の櫻湯 山茱萸に宿泊してきましたので、客室の露天風呂、豪華夕食と朝食、館内の様子までご紹介します

赤湯温泉 櫻湯 山茱萸 基本情報

赤湯温泉とは

赤湯温泉は山形県の上山市と米沢市の中間に位置する温泉街です。

開湯は約900年前、源義家の弟、源義綱が発見したとされています。

赤湯温泉 山茱萸について 名湯一門 高見屋グループのひとつ

公式ホームページ

赤湯温泉 山茱萸の公式ホームページはこちらです。

山茱萸は山形県内で蔵王温泉を中心に温泉宿を展開する「名湯一門 高見屋グループ」のひとつです。

高見屋グループの公式ホームページはこちら


(山茱萸 公式ホームページより)

  • 客室数:全7室
  • 駐車場:あり(無料)
  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:12:00
14:00チェックインの12:00チェックアウトは旅館としては珍しいですね。ゆっくりしてほしいという旅館側の配慮のあらわれでしょうかね^^

赤湯温泉 山茱萸 場所

住所:〒999-2211 山形県 南陽市赤湯740
TEL :0238-43-3020

【アクセス】

  • 山形新幹線赤湯駅下車、タクシー5分(無料送迎あり)
  • 東北自動車道~福島JCT~東北中央自動車道~南陽高畠IC~国道13号線を山形方面へ約4km

山茱萸 客室

客室は全部で7室のみで、全室が温泉露天風呂付、主室、寝室、リビングの3室という贅沢な作りになっています。

部屋の広さは67平米となっています。

趣にひたり心地よく、
やさしい想いが集いこころ和む場所。
7室すべてに専用露天風呂を有する広々とした客室は、
どこか懐かしさも感じる温もりの空間。
お食事はお部屋でゆっくりと、
旬の恵みをいただく至福のひととき。
もう一つの我が家で過ごすように、
気兼ねなく、想いがかなうご滞在を。

(山茱萸公式ホームページより)

山茱萸 温泉


(山茱萸 公式ホームページより)

[種類] 大浴場 露天風呂 天然温泉

[泉質] 弱アルカリ泉 含硫黄塩化物温泉 低張性

[効能] 血行促進とデトックス効果

大浴場は写真のように内湯と露天風呂があります。貸切風呂はありませんが、全7室なので、時間を選べば大浴場のように利用できそうです。

その他に、今回利用した客室内の露天風呂などすべて温泉です。

今回の宿泊プランの紹介

ホテル公式サイトから宿泊予約 GoToトラベルは停止中で適用になりませんでした

今回の予約はホテル公式サイトからの直接予約です。

プラン名は

【山形の極味】「米沢牛づくし会席」~A5ランク米沢牛シャトーブリアンステーキと旬の食材を贅沢に堪能

です。

宿泊費は1泊2日、家族3人(大人2人、子供1人)で126,525円でした。

今回はふるさと納税の「赤湯温泉宿泊券」50,000円分を利用しました。


こちらの利用券は、167,000円の寄付に対して、50,000円分の補助券が返礼されるというものです。割としては今ひとつですが、ありがたく利用させてもらいます^^

赤湯温泉 櫻湯 山茱萸 温泉露天風呂付客室に実際に宿泊してきましたのでブログにてご紹介します

エントランス~チェックイン

仙台方面から、高速道の山形中央道にはいり、南陽ICをおりると、数分で山茱萸に到着します。


全室平屋ですので、建物は結構広がっています。


エントランスです。この字は一見して読める方はいるのでしょうか?

和を感じさせる素敵な雰囲気です。


エントランスのロビーです。

以前は左側のバーカウンターで夜はお酒など飲めたようですが、今はやっていないそうです。

この日はロビーや廊下含め、他の宿泊者の方と会うことはありませんでした。


陶器や民芸品のようなものが売られていました。結構高価です。

自販機を含め、食べ物などは館内では売られていませんでした。

自販機も無いのはちょっとつらいですね^^;。あとで紹介しますが、お部屋の冷蔵庫の中の飲み物はかなり高めなので、飲み物はあらかじめ用意して来るのがいいかもしれませんね^^


館内の見取り図が掲示されていました。

左側に大浴場があり、右側にはお部屋があります。

赤湯温泉 山茱萸 お部屋のご紹介


客室側の廊下です。


こちらが今回宿泊したお部屋の入り口です。


秋海棠(しゅうかいどう)というお部屋です。


こちらが玄関です。

畳敷きの広い玄関です。右側にバーが有り、バリアフリーに気を使っている宿というのがわかりますね。


冷蔵庫が玄関にありました。

ビールやチューハイ、ソフトドリンクとつまみが入っています。

館内には自販機がありませんので、こちらから取り出して飲むことになりますが、結構値段が高めですので注意が必要かも。


冷蔵庫の上にコーヒーメーカーとグラスなどが置かれていました。


トイレもかなり広くなっており、バリアフリー対応になっているようです。

ウォッシュレットはもちろんついています。


こちらが主室~リビングです。

手前の主室は、広さが約10帖で、朝夕の食事をお部屋でいただきます。

お茶器やおしぼり、お菓子(なんじょだべ)が用意されていました。

掘りごたつは床暖房になっています。


床の間もあります。純和風ですね^^


お部屋でWiFiが使えるのはうれしいですね。


しかもスピードが82Mbpsと激速でした^^


こちらが主室の隣りにある寝室です。

宿泊前に電話を頂いたのですが、その際にリクエストしたら親子3人分ベッドにしてくれました。

簡易なベッドとはいえ、気遣いが嬉しいですよね


こちらは主室の奥にあるリビングスペースです。

小さめのテーブルとソファが置かれています。

こちらのお部屋はテレビをみたり、景色をみてくつろいだりといった利用ができますね


奥には小さな中庭がありますが、この日は雪が積もっていて景観としては今ひとつでした。


テレビは壁掛けになっていて、下にDVDがあります。

DVDは借りることも出来ますが、種類があまり多くないので、見たいものがある場合には自分で持ってきたほうがいいでしょう。

赤湯温泉 山茱萸 客室露天風呂のご紹介


リビングスペースから渡り廊下のようなところを渡るとお風呂があります。

ここはかなり寒かったです^^;


廊下の奥には洗面スペースがありますが、こちらにはエアコンがずっと付いていたため、とても暖かくなっていました。


アメニティは充実しており、女性用、男性用ともにPOLAの化粧品が置かれていました

女性用にはさらにMIKIMOTO COSMETICSの化粧品もありました

手前に見えるのはダイソンのオシャレなドライヤーです。


洗面の奥にはシャワールームがあります

ここも暖かくなっていて、なんでかな~と思ったら、なんと床暖房が入っていました


シャワールームのシャンプーもPOLAでした


こちらが露天風呂となります

露天風呂の形はお部屋によって違うようですので、この部屋の露天風呂ということになります。

源泉100%かけ流しとのことです

温泉は無色ですが、ほんのりと硫黄の匂いがして、とてもいい雰囲気の温泉です


お風呂は屋根がありますが、本格的な露天風呂です

景色は中庭しか見えませんが・・・^^;

樹木の具合で時期によっては良い景観になるのかもしれませんね


温泉の分析表です。

基本的には硫黄泉で弱アルカリなので肌にも優しい温泉だと思われます。

実際硫黄の匂いも強くありませんが、しっかりとしており、温泉ということがはっきりと分かります。客室付きの露天風呂としてはかなりいい温泉だと思います。

赤湯温泉 山茱萸 夕食はお部屋で米沢牛づくし会席

さて、おたのしみの夕食です。山茱萸はお部屋食です。

今回のプランは「米沢牛づくし会席」~A5ランク米沢牛シャトーブリアンステーキと旬の食材を贅沢に堪能というプランです。

正直これほどの食事とは思いませんでした^^ 素晴らしかったです


こちらが米沢牛づくし おしながきです

デザート以外のすべての料理に牛が使われています

通常和食膳には必ずあるお造り(刺し身)がないのがおわかりいただけるでしょうか?


最初に選んだワインは大浦ぶどう酒(白ワイン、辛口)です。

地元山形でとれたデラウェアを使用しているそうです。


【先付】米沢牛ロースト 土佐酢ジュレ

米沢牛のローストビーフを2種類のジュレでいただきます

先付からこのすごさ!この後を予感させますね^^


【先付】もう一品 雲子(クモコ)茶碗蒸し あおさ餡


【前菜】筍牛巻き、梅酢寿司、アワビウニ焼き、菜の花、慈姑(クワイ)あられ、イワシ梅煮


こちらはアワビウニ焼き

アワビとウニという二大高級海鮮をバターで焼いたものです

これは絶品でした~^^


さらにこちらが梅酢寿司です。牛肉がのったお寿司です


【御椀】米沢牛吉野仕立て

吉野仕立てとは、汁物などにくず粉でとろみをつける調理法のことです。

ここにもやはり牛肉が入っています


【温泉蒸し】米沢牛とろとろ煮

これはすごかった!このお鍋の下に焼いた石が入れてあり、温泉のお湯を入れて蓋をして蒸します。


【温泉蒸し】米沢牛とろとろ煮

こちらが盛り付けたものです。


【焼き物】林檎釜 白味噌仕立て

丸々一個の林檎煮をくり抜いて釜状にして、そのなかに白味噌仕立ての牛肉がはいっています

かなりすごい創作料理ですね


【箸休め】むき蕎麦 牛旨煮

むき蕎麦(そばの実をむいて茹でたものにダシ汁をかけて食べる、山形県酒田市の郷土料理です)に牛の旨煮が混じったさっぱりした料理です


【強肴】A5ランクシャトーブリアン 南陽産野菜を添えて

メインです。お肉は3切れで、焼き加減はミディアムです。

南陽というのは赤湯温泉のある辺りの地名です。

手前側にあるのは粗塩とワインの絞りカスで、これをステーキにつけていただきます。

これも素晴らしい味でした。量もステーキまるごとではなく、カットして3切れのみで、さらに並べ方にも上品さを感じます。

器も、丸太を切って燻した厚いお皿です。こんなの見たことありません^^


お肉です。とても美味しかったです^^


【炊き合わせ】牛つくね 山菜餡

牛つくねは初めて食べました

牛肉だけでこんなにいろいろな料理ができるんですね^^


追加の赤ワインはマスカット・ベーリー ブラッククイーン

こちらは山茱萸のすぐ近くの酒井ワイナリーで作られたワインで、地元のマスカットを使用しています


【御食事】牛そぼろだし茶漬け 漬物

お茶漬けまで牛そぼろです。左の土瓶に入っているだし汁をいれてお茶漬けにしていただきます。


だし汁を入れた状態です

これも絶品でした。量も少なめで良かったです


【水菓子】干し柿ソルベ、林檎コンポート

デザートです。干し柿をいれたシャーベットと林檎のシロップ煮です。

さすがにデザートには牛は入っていませんね^^ でもとても美味しかったです

コーヒーの器も上品ですね

あとで朝食もご紹介しますが、正直言って朝夕とも工夫されたメニュー、味、食器、そして仲居さんの対応と、かなり満足度の高い食事でした。本当に素晴らしかったです^^

赤湯温泉 山茱萸 大浴場

今回は大浴場を1時間、貸切風呂として利用出来ましたので、ご紹介します


こちらが更衣室~洗面です。もともと貸切風呂を想定して作られたような、かなりこじんまりしたお部屋になっています。


ロッカーもお部屋毎に専用のスペースが割り当てられています。


洗い場から内風呂です


こちらが内風呂です

石造りのこじんまりした内風呂で、お湯は客室のお風呂と同様の硫黄のにおいがほんのりする透明な温泉です。


露天風呂です。

浴槽は石造りで上に木がのっています。上も屋根はかかっていますが、本格的な露天です。

入ってみた感じとしては、雰囲気は良いのですが、浴槽が浅かったです^^;

あと、景色についてはお部屋と同様のお庭の景色となっています。

赤湯温泉 山茱萸 朝食

お部屋のお風呂に入った後、朝食をいただきました

朝食のメニューは、前日の夕食後に希望が聞かれますので、お伝えしてあります


朝食もお部屋で、丁寧に配膳していただきました

家族3人ですが、右上は妻の和朝食、左上と下は娘と私の洋食です。洋食の卵料理はオムレツと目玉焼き、スクランブルエッグから選択。

一見してわかりますが、和食のほうが、器の数や内容も豪華です。2人なら和食と洋食を分けるもいいですが、やっぱり和風の温泉宿では和食がベストということでしょう^^


こちらが和食です

食器の見栄えもよく、とても豪華ですね。このほかにおひつにご飯とお粥を頂いています。


こちらが洋食です

和食と比べるとお皿の数が・・・でもパンがスゴイんです!


こちらが洋食のパンです

なんとすべて朝焼きたて!とくにこのクロワッサンのパリパリ感が感動的でした(写真では伝わりませんので動画内で御覧ください)。

さらに、朝食のとき聞いてみたら、チェックアウトまでの時間で希望のパンを焼いてくれるとのこと!早速お願いしておきました^^


和洋食共通の朝食デザートです

キゥイ、柿、ブルーベリーヨーグルトでした


こちらは朝食後にオーダーしたクロワッサンです

焼きたてを1つづつ袋にいれてくれました^^

さらにさらに・・・


朝食で残したご飯をおにぎりにしてくれました^^

チェックアウトもお部屋でしてもらいました

実際宿泊して良かった点、気になった点や予約の際に気をつけたい点

今回、山形県 赤湯温泉 櫻湯 山茱萸に宿泊しましたが、良かった点や気になった点など上げてみたいと思います。

宿泊してよかった点

とにかく食事が圧巻

今回の夕食は米沢牛づくしということでしたが、これが素晴らしかった!

ほぼ全品米沢牛を使用した工夫された食事で、量もほどほどで食べやすく、非常に満足度が高かったです。

さらに朝食も和食はもちろん良かったのですが、洋食の焼き立てパンもとても美味しく、さらにチェックアウトまでの時間で焼いてくれるというちょっと聞いたことのないような対応が素晴らしかったです^^

特に夕食は写真では伝わりにくい部分もありますので、是非動画でも御覧ください

客室露天風呂と大浴場がいい温泉でした

客室の露天風呂も大浴場も無色でしたが、どちらもほんのり硫黄のにおいがするとても温泉らしい温泉でした

お部屋ですぐ温泉がはいれるという贅沢は温泉付き客室ならではですね^^

大浴場も貸切で使わせてもらい、大満足でした

プライベート感が素晴らしかったです

宿泊をとおして、ほかのお客さんとは一切会いませんでした

全7室で、食事はすべてお部屋ということもあり、プライベート感が素晴らしかったです

お部屋の広さも十分でした

お部屋は主室、リビング、寝室と別れていてとても機能的です。

食事は主室、テレビや景色をみてくつろぐのはリビングルーム、寝るのは寝室と有効に利用できました。

気になった点

少しお部屋は古め

古くからの旅館だけあって、お部屋はやや古めでした。

景色は期待できません

平地のまちなかで、しかも平屋造ですので、景色は中庭程度です。

景観は少々残念でしたが、それを補ってあまりある食事とお風呂でした。こちらの宿が人気の理由がわかります^^

山形県 赤湯温泉 山茱萸 温泉露天風呂付き客室 宿泊まとめ

山茱萸 露天風呂付き客室 まとめ
  • 山形県 赤湯温泉 山茱萸は全7室が温泉露天風呂付客室です
  • とてもプライベート感の高い作りで、ほんのり硫黄の匂いがするお風呂も大満足でした
  • 食事は夕食は米沢牛づくし、朝食は和食と洋食が選べて、どちらも最高でした
  • 平屋で景色が望めないのは少々残念でした

いつでもお部屋の温泉に入れるというのはとても贅沢で満足できる時間でした。

景観は望めませんが、その分温泉や食事の満足度が高かったです

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

本記事が、赤湯温泉 山茱萸の情報を知りたい方や、これから行こうと検討している方々の参考になれば幸いです^^。ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。