ホテル宿泊記

【詳細解説】シェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテル①メインタワー最上階オーシャンメゾネット宿泊ブログ



9月の連休を利用して沖縄へ行ってきました

最終日台風が東の海上に発生したり、2日目はスコールにあったりしましたが、まずまず満足の沖縄旅行となりました

今回は恩納村のシェラトン沖縄サンマリーナリゾートに1泊と、ルネッサンスリゾートオキナワに2泊、計3泊してきました。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートでは、贅沢に、メインタワー最上階のオーシャンメゾネットとサウスタワーのプレミアムツインに分かれて宿泊してきましたので、お部屋毎に記事を分けてみました。

この記事では、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテル到着からチェックイン、メインタワー最上階オーシャンメゾネットのレビューまでをご紹介します。

サウスタワープレミアムオーシャンツインの宿泊レビューや食事の様子などは別の記事にしていますので、そちらと合わせてご覧ください。

【詳細解説】シェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテル②サウスタワープレミアムオーシャンツイン宿泊ブログ、サウスタワー周辺散策とラウンジ紹介沖縄県恩納村にあるシェラトン沖縄サンマリーナリゾート、新館のサウスタワープレミアムオーシャンツインに宿泊してきましたので、周囲やラウンジの様子とあわせてご紹介します...

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください(是非チャンネル登録をお願いします)。

目次

沖縄県恩納村にあるシェラトン沖縄サンマリーナリゾート、最上階のオーシャンメゾネットに宿泊してきましたので、フロントロビーの様子とあわせてご紹介します

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 基本情報

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートとは

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートが誕生したのは2016年です。

といっても、グランドオープンが2016年というわけではなく、もともと営業していた「サンマリーナホテル(1987年開業)」をシェラトングループがリブランドして出来たのがシェラトン沖縄サンマリーナリゾートです。

サンマリーナリゾート時代からのホテル棟はメインタワー、シェラトン開業時に新しく出来たホテル棟はサウスタワーで、メインタワーもシェラトン開業時にリニューアルされたようです。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 基本情報

公式ホームページ

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの公式ホームページはこちらです。


(シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 公式サイトより以下同様)

  • 客室数:全246室(メインタワー 200室、サウスタワー 46室)
  • 駐車場:200台(1泊500円)
  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:12:00

チェックアウトが標準で12:00というのはポイント高いですね。ホテルをじっくり楽しんでほしいという気持ちの現われでしょうか(実際12:00まで目一杯楽しめました)。

場所とアクセス方法

住所:〒904-0494沖縄県国頭郡恩納村冨着66-1
TEL :098-965-2222(代表)
098-965-2514(ビーチプレイカウンター)

【ホテルへのアクセス】

宿泊者のほとんどは那覇空港からのアクセスと思われますので、以下那覇空港からの交通手段別のアクセスについて記載します。

  • レンタカー・・・高速道を利用して約1時間(レンタル手続き時間を含まず)
  • タクシー・・・レンタカーと同(料金は約6000円~10000円程度)
  • 空港リムジンバス・・・60-90分(大人1500-1700円)

そのほかに、沖縄エアポートシャトルや路線バスなどがありますが、いずれも車です。

【オススメのアクセス方法】

美ら海水族館など、沖縄各地の観光地を周る場合にはレンタカーがオススメ。実際沖縄の観光地は「わ」ナンバーだらけです。一方で、レンタカーの場合には、レンタル前後の手続き時間がかなりかかります(1時間程度)ので、ご注意を。

滞在期間が短い場合(2泊3日など)や特に観光地巡りなどをしない場合には、タクシーやリムジンバスがオススメです(値段的には少人数ならリムジンバス、3人以上ならタクシーでしょうか)。

ドクターY
ドクターY
今回私は家族6人での旅行でしたので、人も荷物もたくさん詰めるように、ワンボックスカーのレンタカーを「トラベルレンタカー」で利用しました

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 客室

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートはメインタワーとサウスタワーの2棟で構成されており、サウスタワーは新館に相当します。


左がメインタワー、右がサウスタワーです。メインタワーの方が高層でシンボル的な形をしていますね。フロントはメインタワーにあります。

メインタワー

メインタワーは旧館に相当しますが、シェラトン開業時に室内はリニューアルされています。

客室のランクは安い方から(大まかな目安です)

  • パーシャルツイン
  • ダブル
  • デラックス
  • ハイフロアデラックス
  • オーシャンメゾネット
  • オーシャンスイート

となっています。全室バルコニー付きですが、一部海が見えない部屋があるようです。

この記事でご紹介するオーシャンメゾネットは珍しい2階部分のあるメゾネット仕様のお部屋です。

サウスタワーにはラウンジと宿泊者特典があります

サウスタワーは新館に相当しますが、階数的には6階までと、メインタワーに比べて低層です。

客室のランクは安い方から(大まかな目安です)

  • プレミアムラナイ
  • プレミアムオーシャンツイン・キング
  • サンセットスイート

となっています。全体にメインタワーより部屋が広めで、値段が高くなっています。

サウスタワー宿泊者には特典があり、

  • リゾートパス(屋外のガーデンプールやウェルネス&スパ「ぬちぐすい」利用がセットになったもの)無料
  • ミニバー(客室内冷蔵庫)無料
  • サウスタワー1Fのラウンジでのソフトドリンク無料
  • ハッピーアワードリンク飲み放題(サンセットバー&テラス、17:00-18:00)
  • 朝食をランチへ変更可能
  • 駐車場の利用無料

と、なかなか魅力的です。特にリゾートパス無料と、ラウンジ無料は嬉しいですね。この特典のためにサウスタワーを予約するのもありだと思います。ちなみにウェルネス&スパ「ぬちぐすい」とリゾートパスについては下で説明していますので御覧ください。

なお、サウスタワーの宿泊記については別の記事でご紹介していますので是非御覧ください。

【詳細解説】シェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテル②サウスタワープレミアムオーシャンツイン宿泊ブログ、サウスタワー周辺散策とラウンジ紹介沖縄県恩納村にあるシェラトン沖縄サンマリーナリゾート、新館のサウスタワープレミアムオーシャンツインに宿泊してきましたので、周囲やラウンジの様子とあわせてご紹介します...

今回の宿泊プランの紹介

楽天トラベルでホテルのみ予約 GoToトラベル適用料金

今回宿泊した、シェラトン沖縄サンマリーナリゾート、メインタワーオーシャンメゾネットは楽天トラベルで予約をしました。

宿泊費は朝食付き、1泊2日、家族3人(大人2人、子供1人)で52,243円でした(休前日)。

GoToトラベルだけではなく、「夏旅キャンペーン」「5と0のつく日5%OFFクーポン」も適用になってかなりお得になっています。

楽天トラベルでホテル予約するならポイントがダブルで貯まるモッピー経由がオススメ。下のリンクからモッピーに登録するとさらにボーナスポイントが貯まりますよ^^

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 最上階オーシャンメゾネットに宿泊しました!お部屋をご紹介します

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート チェックイン~フロントロビーの様子

今回はレンタカーを利用して空港→恩納村まで行きました

仙台空港の様子、往路の仙台-那覇便の飛行機の様子とレンタカーを借りるまでは別の記事にしてありますので是非御覧ください。

今回はトラベルレンタカーでレンタカーしました。連休でしたが、事前のウェブチェックインもあり、レンタカーの手続きがかなりスムーズでしたので、是非参考にしてみてください。

ANA 仙台-那覇(沖縄)普通席搭乗記 仙台空港の現状とラウンジ、那覇空港でのレンタカー手続きも紹介ANA 仙台ー那覇(沖縄)便の普通席に登場しましたので、仙台空港の現状と、ANAラウンジの様子、機内の感染対策、那覇空港でレンタルしたレンタカーまでご紹介します。...

レンタカーに乗って約50分、順調に恩納村に到着しました。


道路の右手にカフーリゾート・フチャク コンド・ホテルが見えてくると・・・

左手のビーチ側にはシェラトン沖縄サンマリーナリゾートが見えてきます。


こちらがシェラトン沖縄サンマリーナリゾートです。手前がサウスタワー、奥がメインタワーです。


シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの入口です。奥に見えるのはメインタワーです。形が特徴的なのでわかりやすいですね^^。


チェックインフロントはメインタワーにあるので、そのままメインタワーに向かいましょう。

荷物を置いてから、駐車場まで自分で車を止めに行き、駐車券をフロントに出せばいつでも車を出し入れできるようにしてくれます。

チェックイン~フロントロビーの様子


荷物を運んでもらいます。


入口を入ると、検温と消毒です。アフターコロナの常識になりましたね^^;


チェックインカウンターです。左側に3つ、奥に青い色のカウンターが一つあります。

奥のカウンターはマリオットBonVoy会員用のカウンターです。私もSPGアメックスのなんちゃってゴールド会員ですが、今回は通常のカウンターが空いていたのでそちらでチェックインの手続きをしました。


チェックインの際にも、感染の有無について同意書の提出が必要です。いろいろ面倒になってきましたね^^;


チェックイン終了後、フロント前にある水槽を見てみると・・・なんと熱帯魚が飼われています!

フロント前でコイを飼っているホテルや、小さな水槽で熱帯魚がいる水槽などは見たことがありますが、海水魚をこの規模で飼っているホテルは始めてみました。

さすが恩納村を代表するリゾートホテルの一つですね^^!海が近くないとこんな水族館のような規模で飼うのは難しいでしょう。


スズメダイやイソギンチャク、クマノミなどきれいな海水魚がたくさんいます!


そして、時々フロントの方がエサをくれます!みんな楽しそうにエサをあげていました^^

最上階オーシャンメゾネットをご紹介


それではオーシャンメゾネットの客室に向かいます。エレベーターはフロントの奥、ホテル1階のほぼ中央にあります。


ルームキーをかざさないと自分の目的階のボタンを押すことが出来ませんので、まずはカードをかざします。今回のお部屋は最上階の9階でした。


エレベーターはシースルーになっており、中庭側が一望できます。


9階につくと、カーペット敷きで椅子とテーブルがあります。こちらのエレベーター側にはスイート、ジュニアスイートがあるようです。


こちら側にはオーシャンメゾネットルームがあります。どちらもオーシャンビューですが、中庭を挟んで反対側とは景観が異なります(夕日が見えるか朝日が見えるか、など)。


今回泊まるのは907号室です。


カードキーをかざして入ります。


カードホルダーにカードを挿入して電源をつけます。


そして、室内に入るとこの景色が目に飛び込んできます。部屋の中に階段が・・・!

そう、このお部屋は2階建てなんです^^


そして、部屋の真ん中に大きなクイーンサイズのベッドが1つだけ、ドーンと置かれています。


まずはらせん階段を登ってみます。初めて見る景色にワクワクです^^。


登ってみると布団が2つ敷かれています。

ベッドではなく、マットレスを下に敷いた布団式になっており、大人2人が寝られるようになっています。


形としてはロフトのような感じで、電話とテレビ、クローゼットがありますが、その他の設備はありません。ほぼ寝るだけの場所になっています。


上から見るとこんな感じで、下と上で呼び合ったりできます。うちの子供達も喜んで何度も登ったり降りたりして遊んでいました。


再び下に降りてきました。ベッドの迫力がすごいですね^^


ベッド脇にあるルームランプや目覚まし時計などのスイッチです。コンセントは付いていますが、USBは付いていません(サウスタワーのベッドサイドには付いていました)。


こちらは読書灯です。ベッドの頭上に両側付いています。


チェアとテーブルです。


ウェルカムフードです。レモンケーキ、ちんすこう、紅芋タルトの沖縄のお菓子が置かれています。


マリオットBonVoyの手紙が置かれていました。これがBobVoy会員だけのものなのかどうかについてはわかりません。


小さいですがデスクもあります。テレビが置かれています。


ミニバーには、コーヒー、お茶、紅茶などのバッグが置かれています。ミネラルウォーターも含めて無料です。


冷蔵庫にもミネラルウォーターが置かれています(サウスタワーでは、ソフトドリンクとビールも置かれていて、無料でした)。


ミニバー下の棚にはカップやポットなどが置かれていました。


玄関側にはクローゼットではなく、ガウンやハンガーが外に置かれています。木目調で見た目がいいですね^^


ビーチリゾートらしく、ビーチサンダルが置かれています。こちらは無料で持ち帰りも大丈夫です。


パジャマも置かれていました。来てみましたが形も良くていい感じでした^^


ランドリーバッグです。メインタワー2階にはコインランドリーもあります。


金庫です。暗証番号方式です。


アイロンもありました。ホテル内の設備もそうですが、連泊する方にも対応できるようになっているようです。


こちらのボタンを押すと、外にメッセージ(「掃除お願い」「起こさないでね」)を送ることが出来ます。


トイレと洗面です。トイレルームが独立していないのはちょっと残念ですね。

スペース自体も狭い感じがします。


洗面です。シンクは一つでやや狭いです。タオルが下に置かれています。


アメニティは歯ブラシ、クシ、入浴剤、綿棒、ひげ剃り、泡立てスポンジなどが置かれています。


アメニティのブランドは他の部屋と同様にLe Grand Bainが置かれています。


お風呂です。お風呂は独立していますが、やや狭いです。


ここでも同じブランドのシャンプーなどがありますが、ボトル式でした。


シャワーもあります。


さて、いよいよベランダに出てみます。すでにこの時点で絶景の予感^^


ちょうど夕日が沈もうとしているナイスタイミングでした^^。今回のお部屋は西向きでしたので、夕暮れがきれいに見えて非常に良い眺望でした。


眼下にはレストラン、The Grillが見えます。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 最上階オーシャンメゾネット 良かった点や気になった点

今回、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの最上階オーシャンメゾネットに宿泊しましたが、良かった点や気になった点など上げてみたいと思います。

オーシャンメゾネット宿泊してよかった点

なんと行っても部屋の中のらせん階段がGood!

この部屋の特徴はなんと行ってもらせん階段ですね。子供は喜んで上り下りします(そのうち飽きますが^^;)

最上階なので景色も素晴らしい!

今回は西側のお部屋でしたが、最上階ですので、夕日が沈む景色が素晴らしかったです。ただ、夕日は見られませんが、おそらく東側のほうがオーシャンビューらしい景色が見られると思います。

気になった点

高級感がやや中途半端に思える

オーシャンメゾネットがあるメインタワーは旧館に当たりますので、新館であるサウスタワーとどちらが高級な部屋なのかわかりにくいです。

オーシャンメゾネットだけでなく、スイート、ジュニアスイートが旧館にあるのもどうなんだろうと思います。

部屋が狭い

メゾネットで2階があるのは楽しいのですが、上は布団2組でいっぱい。

上下あわせても52平米と一般の部屋よりは広めですが、それほど広いとは言えません。

トイレルームが独立していない

トイレが洗面と同じ空間にあり、プライバシーの点で少々気になります。洗面~トイレ、お風呂のスペースはやや狭すぎるように思います。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート オーシャンメゾネットルーム まとめ

オーシャンメゾネット まとめ
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾートは以前からあるサンマリーナリゾートを2016年にシェラトンがリブランドしたホテルです
  • 今回はメインタワー最上階のオーシャンメゾネットに宿泊しました
  • 部屋の中に階段があり、ロフトがあるのが特徴です。景色も素晴らしかったです。
  • 全体に部屋やレイアウトに余裕がなく、少し狭かったのが残念です

景色もいいですし、メゾネットという特徴がおもしろいお部屋です。悪くは無いのですが、高級感という点では正直今一つのように思います。新しさもありますが、高級感という点ではサウスタワーの方が上です。

実際に宿泊したときの様子は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

今回の沖縄旅行は、記事を複数に分けていますので、是非他の記事もご覧いただければ嬉しいです。

【詳細解説】シェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテル②サウスタワープレミアムオーシャンツイン宿泊ブログ、サウスタワー周辺散策とラウンジ紹介沖縄県恩納村にあるシェラトン沖縄サンマリーナリゾート、新館のサウスタワープレミアムオーシャンツインに宿泊してきましたので、周囲やラウンジの様子とあわせてご紹介します...
【詳細解説】ルネッサンスリゾートオキナワ①ルネッサンスツインビーチビュー宿泊ブログ 基本情報と最上階ルネッサンスフロア宿泊者特典(ラウンジ等)レビュー沖縄県恩納村にあるルネッサンスリゾートオキナワの最上階、ルネッサンスフロアにあるルネッサンスツインツインビーチビューに宿泊してきましたので、ホテル内での夕食や朝食とあわせてご紹介します...
【詳細解説】ルネッサンスリゾートオキナワ②ルネッサンスツインコーストウイング宿泊ブログ(基本情報と室内、ホテル内散策)沖縄県恩納村にあるルネッサンスリゾートオキナワの最上階、ルネッサンスフロアにあるルネッサンスツイン コーストウイングに宿泊してきましたので、基本情報とホテル内施設とあわせてご紹介します...

本記事が、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの情報を知りたい方や、これから行こうと検討している方々の参考になれば幸いです^^。ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。