ディズニーランド

上海ディズニーランドで導入されるDisney Standby Passとは?3密回避の切り札!?東京ディズニーリゾートでも導入される?

他国に先駆けて開園している上海ディズニーリゾートがまた面白いシステムを導入してきました。

その名も’Disney Standby Pass‘、なにやらファストパスとスタンバイが合わさったような名前ですが、システムとしてはカリフォルニアやフロリダで導入されたヴァーチャルキューに近いシステムのようです。

東京ディズニーリゾートでも三密を回避するために、これまでの実際に並ぶスタンバイエントランスは廃止される可能性がありますが、このスタンバイパスが一つの解決法になるかもしれません。

この記事では、上海ディズニーリゾートに新たに導入されるDisney Standby Passについて、公式ページの情報から解説します。

この記事の内容は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

上海ディズニーリゾートで導入される予定のDisney Standby Passについて解説し、東京ディズニーリゾートへの導入の可能性について予想してみます

Disney Standby Passとは

現在上海ディズニーリゾートで導入されている方法

現時点で確認できる、上海ディズニーリゾートでのアトラクションの並び方や優先チケットとしては

  • 通常のスタンバイエントランス
  • ファストパス(基本スマホ)
  • ディズニープレミアアクセス

の3つです。

上2つは東京と同様ですが、一番下のディズニープレミアアクセスというのは、詳細は省きますが、有料のファストパスのようなもので、あらかじめパーク内で購入しておき、ファストパスとして利用できるチケットです。

また、通常のスタンバイとは言っても、ソーシャルディスタンスに配慮した間隔を開けたスタンバイのため、人数は制限されていてもかなり不自由な並び方と思われます。

そのため、あらたなスタンバイエントランスの方法として、Standby Passが導入されたものと思われます。

Disney Stanby Passについて:上海ディズニーリゾートのオフィシャルアプリより

本日(2020年6月4日)、上海ディズニーリゾートのオフィシャルアプリでプーさんのアトラクションの画面に以下のように表示がされています。


下の方に「Get Standby Pass」と表示されています。


アプリ内のファストパスと同列にもこのように表示されています。

いきなり表示されるとこれ何?ってことになると思いますが、アプリ内で説明書きがありました。


「特定の時間帯はDisney Standby Passをとってください。」

となっています。そして、その下にDisney Standby Passについて書かれています。

A Disney Standby Pass is an online reservation tool launched by Shanghai Disney Resort to help guests better plan their queuing schedule for a more relaxed park experience.

「ディズニースタンバイパスは上海ディズニーリゾートでの体験をよりよいものにするために、並び順を管理するオンライン予約ツールです。」

For attractions where the Disney Standby Pass is applicable, the corresponding attractions are only open to guests who hold either a Disney Standby Pass or Disney Premier Access for the corresponding time period.

「ディズニースタンバイパスが適用されるアトラクションでは、対応した時間のディズニースタンバイパスかプレミアアクセスを持つゲストのみが入場できます。」

 You can pick up a Disney Standby Pass — available on the Shanghai Disney Resort Official App for no extra charge and subject to availability, so you can wait in line for the attraction within your selected time frame.

「ディズニースタンバイパスは、上海ディズニーリゾートのアプリから無料でゲットでき、選択した時間帯の列に並ぶことができます」

Guests may purchase Disney Premiere Access for any attraction while also holding a Disney Standby Pass or Fastpass.

「ディズニースタンバイパスやファストパスを持っていても、ディズニープレミアアクセスは購入することができます」

Disney Standby Passes will be released in the App on an hourly basis, based on that day’s official park operating hours.

「ディズニースタンバイパスは開園時間帯に基づいて、1時間ごとに開放されます」

 The quota for each day is limited and will be allocated on a first-come, first-served basis.

「一日のパスの量にはリミットがありますので、先着順(早い者勝ち)で対応します」

The final release of Disney Standby Passes is approximately two hours before the park’s announced closing time.”

「最終の開放時間は閉園の約2時間前を予定しています」

以上をまとめると

  • ディズニースタンバイパスは並び順をヴァーチャルで管理するためのシステム
  • 対応するアトラクションでは、これまでのように実際に並ぶスタンバイは無くなる
  • スタンバイパスは無料でゲットできる
  • ファストパスやプレミアアクセスを持っていてもスタンバイパスをゲットできる
  • 1時間ごとに並び順が開放される
  • 並び順は先着順
  • 開園直後と閉園直前はパスがなくなる(通常のスタンバイ?)

つまり、スタンバイエントランスを実際に並ぶこと無く、アプリ上で並ぶようなイメージでしょうか。

先着順にゲットできますので、実際にスタンバイの列に並んでいるのと間隔としてはにているかもしれません。

ファストパスやプレミアアクセスとの違いは、おそらく実際のスタンバイとファストパスの違いと同様に、ファストパスやプレミアアクセス利用者はスタンバイで並んでいる人たちを追い越してアトラクションに乗れるというところでしょうか。

結果的には、アトラクションにはほとんど並ばずに乗られるというシステムですので、混雑を回避するためには良いシステムなのではないかと思われます。

ディズニースタンバイパスは、実際に列に並ぶのではなく、アプリ上で並ぶイメージ

Disney Standby Passの使い方

使い方についても、「How it works」として、以下のように書かれています。

まとめると、

  1. 上海ディズニーリゾートのアプリをダウンロードしてください
  2. パークに入場してから、アプリを開いて、チケットのQRコードをスキャンしてください
  3. 同伴者がいる場合には、チケットをスキャンしてパーティを作ってください
  4. スタンバイパスを利用したいアトラクションを選んでください
  5. 取り消す場合には指定された時間にエントランスでアプリをみせてください

チケットをアプリに読み込ませてパスをゲットするところは東京ディズニーリゾートなどと同じですね。

ただ、ファストパスのように、2時間経てば次のアトラクションのゲットのように複数のパスをゲットはできないようです。

実際に並ぶことを考えると、2箇所同時に並ぶことはできませんので、たしかに合点がいきますね。

Disney Standby Passのメリット

さて、ディズニースタンバイパスのメリットについて考えてみます。

  • 実際に並ぶ必要がない
  • 3密をある程度回避できる

実際に並ぶ必要はない

これは言うまでもなく最大のメリットとなります。

下にも書きますが、これにより人と人の距離が大きくコントロールできますので、コロナ感染のリスクを大きく減らすことができると考えられます。

スタンバイパスを待っている間、他のスタンバイ可能なアトラクションや、食事などをすることができるので、待っている間の疲れも減りますし、ストレスもだいぶ減る可能性がありますよね。

ただ、スタンバイパス対応の他のアトラクションには並ぶことはできないと思いますので、実際のところどの程度メリットになるかは現時点では未知数です。

3密をある程度回避できる

並ばなければ、密になることはありませんので、新型コロナ感染症の感染リスクをある程度下げることはできるでしょう。

実際このシステムを導入するきっかけは今回の新型コロナ感染症だと思われますので、それを避けるためのシステムを開発したということだと思います。

Disney Standby Passの問題点

さて、実際に並んでいないのに、ヴァーチャルで並ぶことができるディズニースタンバイパス。

確かにIT時代の順番待ちには今後このようなシステムがディズニーのみでなく、至るところで採用されそうな雰囲気はありますが、メリットだけではありません。

例えば以下のように問題点と思われる点もいくつかあります。

  • スマホがないと並ぶことができない
  • 入園者数が少ない場合はいいが、混雑しているときは対応が難しそう
  • 入園時間をずらしている場合にはどうなるのか?
  • 順番が回ってきたときにアトラクションに戻れないときはどうなるか
  • ヴァーチャルで並んでいる間することがない場合はどうするか?

スマホがないと並ぶことができない→アトラクションに乗れない?

これは結構重要な問題です。

現時点ではアプリのみの対応のようにみえますので、もしスマホを持っていない場合には、対応アトラクションには乗られないということになります。

あるいは、充電がなくなってスマホが使えない場合もあるかもしれません。

日本に比べて、スマホ所有率が高いと言われる中国でも、持っていない人はいるのではないでしょうか?

ただ、同伴者が持っていれば、一緒に利用することはできるので、グループで誰か一人持っていれば大丈夫なようです。

一応、開園直後と閉園直前はスタンバイパスは使えないと記載されていますので、最悪スマホがなくてもアトラクションには乗ることはできるかもしれませんが、持っていない人には紙チケットの発行など、何らかのレスキューがある可能性はあります。

入園者数が少ない場合はいいが、混雑しているときは対応が難しそう

現在のように、入園者数が少なく、1時間あたりの枠に余裕がある場合には、問題なく機能すると思いますが、問題は入園制限が緩和されて枠を超えるようになってきた場合です。

人気アトラクションの場合には予約に殺到し、なかなか枠が取れなくなる可能性があります。

また、実際に並ぶ必要がないことから、たとえば東京ディズニーリゾートでのソアリンのように、300分待ちといわれても気にせず並んでしまう可能性もあります(実際のスタンバイの場合には、300分待ちの表示をみて諦める人が多いと思われます)。

そうなると予約枠が1時間ごとではなく1日になったり、乗られる回数が制限されたりする可能性もありますね。

入園時間をずらしている場合にはどうなるのか?

このスタンバイパス、開園してからとることになりますので、入場順がとても大事になる可能性があります。

現在、上海ディズニーリゾートでは入場時間をずらして入場しているようですが、もし単純に先着順であれば、入園時間が早いほうが圧倒的に有利になる可能性があります。

順番が回ってきたときにアトラクションに戻れないときはどうなるか

順番が回ってきたときに、気づかずにアトラクションに乗れなかったときはどうなるでしょうか?

おそらくある程度の時間は猶予があると思いますが、また並び直す場合はファストパスと同様に無くなっていて枠がとれない可能性がありますね。

そのあたりは記載がありませんので、実際に使ってみないとわからないと思います。

ヴァーチャルで並んでいる間することがない場合はどうするか?

仮にすべてのアトラクションでスタンバイパスが導入された場合には、どれか一つしか並べないわけですから、他にすることがなくて暇になる可能性があります。

パレードや食事の時間に当たればいいのかもしれませんが、それにしてもみんながそっちに行くとそれはそれで大変です。

実際の運用ではうまくカバーされるとは思いますが、新しいシステムですのでやや未知数なところはありますね。

ディズニースタンバイパスは東京ディズニーリゾートで採用されるのか?

以前、東京ディズニーリゾートの再開園の時期と、条件などについて以下の記事にしました。

東京ディズニーリゾート 再開園は6月19日?7月10日!?入場者数は5,000人?緊急事態宣言解除を受けて開園時期・制限を予想しました!緊急事態宣言の解除による企業の自粛要請を受けた東京ディズニーリゾートの開園時期を予想してみます...

その際に、以下のような個人の予想をしてみました。

  • 開園時期は最短で6月19日、おそらく7月10日
  • ディズニーホテル、イクスピアリは6月19日開始
  • 入場者数は7月中はランド、シーとも5,000人に制限?
  • 期間限定で入園料を値上げ(2倍程度?ワクチンの接種が普及するまで)
  • 紙チケット廃止、全てスマホないしPC上で予約、決済
  • 時間をずらしての入園開始
  • アトラクションはすべてスマホ予約のファストパス形式
  • レストランやキャラクターグリーティングは一部を除いて休止

(上の予想のうち、イクスピアリは6月1日に営業が再開、ただし、千葉県民限定と、先日の国の「外出自粛の緩和の目安」に沿った営業再開)

この中で、アトラクションはすべてスマホ予約のファストパス形式と予想しました。

三密回避の切り札として、東京ディズニーリゾートでも、ファストパスとは別に、今回解説したDisney Standby Passが採用される可能性は十分ありますね

おそらくディズニースタンバイパスと従来のファストパスが両方利用されるのではないでしょうか。

その場合、かなり大きなシステム変更になると思われます。

Disney Standby Passについて まとめ

ディズニースタンバイパスは、ヴァーチャルなスタンバイエントランスです。

実際に並ぶ必要がないので、コロナが収まった後もおそらくシステムとして残っていくのではないかと思われます。

いずれにしても、いつかは以前のような自由な夢の国が復活することを祈っています。

この記事の内容は動画にもしていますので、見やすい方で御覧ください。

本記事が、ディズニーランドの開園に興味のある方の参考になれば幸いです^^。是非皆さんのご意見をコメントいただけますと幸いです!

その他のディズニー関連情報はこちらからどうぞ
ブログランキング ディズニーランド&シー参加中です!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。