クレジットカード関連

税金の支払いはクレジットカードで!ボーナスポイント獲得の利用額クリアにも!

2017年から税金の支払いがクレジットカードでできるようになっているのはご存知でしたか?

対象となるのは、納付書で納付することができる国税で、実際には個人が支払っている税金(加算税・延滞税含む)のほぼすべてがクレジットカードで払うことが可能になったと言ってもいいでしょう。

税金はクレジットカードで支払ったほうがオトクなの?

ポイントはここですよね。

以下、クレジットカードで税金を支払うメリット・デメリットです。

税金をクレジットカードで納付すると、以下のようなメリットがあります。

メリット1 現金が手元になくても支払える

クレジットカードで納付すれば手元に現金がなくても支払いを完了することができます。支払いも、現金であれば支払いの時点で用意しておく必要がありますが、クレジットカードであれば、引き落とし日まで口座にお金を用意する必要がありません。

メリット2 クレジットカードのポイントがつく

ほとんどのクレジットカードにはポイント還元がありますので、単純にポイントの還元率が手数料を上回っていれば、カード払いが得といっても良さそうです。

ただし、アメックスやダイナースなど一部のカードのポイント還元率は税金等公共料金支払いの場合、200円=1ポイントになりますし、はじめからポイント還元率の低いカードは手数料負けするかのうせいがありますので注意が必要です

メリット3 家計管理が一元化される

普段、クレジットカードを利用している場合、納税もクレジットカードを利用することで家計管理を一元化することができます。利用明細で支払い内容をまとめて確認できる点も便利ですね。

メリット4 現金を持ち歩かずに済む

クレジットカード納付は、場所や時間を選ばずに納付することができるので、多額の現金を持ち歩くリスクもありません。現金を引き出す手間や、納付場所まで足を運ぶ手間を省けます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

税金をクレジットカードで支払うのはメリットばかりではありません。以下のようなデメリットが考えられます。

デメリット1 手数料が高い

税金をクレジットカードで支払うと、1万円につき82円(税込)の手数料がかかります。以降、1万円を超えるごとに82円(税込)がかかるため、納付額が多ければ手数料も増えるということになります。

手数料の割合は0.82%ですね・・・

アメックスやダイナースのように、税金でポイント還元が1/2になるカード(ポイント還元率0.5%)だと赤字になりますよね・・・他にももともとポイント還元率0.5%のカードがありますから、注意が必要ですね。

デメリット2 領収書が発行されない

デメリット3 決済手数料が返金されない

一度納付手続きを完了すると、手続きの取消しはできません。過払いがある場合には税務署からの還付手続きを行うことになりますが、決済手数料は返金されません。そのため、納付前にはしっかりと確認するようにしましょう。

クレジットカードで納付したいという場合、事前の手続き等は特に必要ありません。納税通知書や納付書を手元に用意して、「クレジットカードお支払サイト」「Yahoo!公金支払い」のほか、都道府県別お支払いサイトなど、各種支払いサイトで手続きをするだけで納付が完了します。

なお、予定納税などの際に、振込納税の口座を登録している場合でも、クレジットカード払いをすると、特に税務署に連絡無しでも口座からの引き落としはされません(税務署に確認の上、実際にやってみましたが、大丈夫でした)。

ちなみにポイントサイト経由で、税金のクレジットカード支払いはできないようです。ま、これはしょうがないですね

ただ、決済手数料がかかるという点を差し引いても、時間や手間の削減、ポイントの還元など、クレジットカード納付のメリットは大きいといえるでしょう。

特に、クレジットカードの利用額をクリアするにはなかなか美味しい利用法ではないかと個人的に思っています^^。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

税金の支払いをクレジットカードで!まとめ

クレジットカードによる税金支払のまとめ

税金はクレジットカード払いが可能です。

  • 加算税・延滞税も含めほぼすべての税金が対象
  • 事前の手続き不要で各支払いサイトから手続きが可能

税金をクレジットカード払いにするメリット

  • マイルを貯めるための利用額クリアに使える
  • 手元に現金がなくても支払うことができる
  • 納付額に応じてポイントが還元される
  • 納付をしに行く手間が省けて家計管理も一元化

税金をクレジットカード払いにするデメリット

  • 納付額が増えるにつれて手数料が増える(割合は一定)
  • 領収書の発行ができないので納税証明書を発行する手間がかかる
  • カード会社によってはポイント還元率を手数料が上回る

特にマイルを貯める際の利用額クリアには使えそうに思いますが、いかがでしょうか?

本記事が、クレジットカードで税金を払おうとしている方のお役に立てば嬉しいです^^。

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA