ディズニーランド

また値上げ!東京ディズニーランド、ディズニーシーの入場料の歴史と推移【1デーパスポート8,000円超え】

東京ディズニーリゾートタイトル画像

東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド、東京ディズニーシー)の親会社であるオリエンタルランド(OLC)が本日(2020年1月30日)、決算発表とあわせて、チケット価格の改訂を発表しました。それによると・・・

1デーパスポートは7,500円→8,200円に一気に約1割の値上げ!中人(中・高校生)も6,500円→6,900円まで値上げです!小人料金はそのままのようです。
年間パスポートも62,000円→68,000円まで値上がりです。

「東京ディズニーランド®」「東京ディズニーシー®」
チケット価格の改定について

株式会社オリエンタルランドは、「東京ディズニーランド」および「東京ディズニーシー」のチケット価格の改定を決定いたしましたのでお知らせいたします。

チケット価格は、2020 年 4 月 1 日より別紙のとおりといたします。なお、4 歳から小学生のお子様がご利用いただける個人向けチケットの小人価格は据え置きます。東京ディズニーリゾート®は、あらゆる世代の人々が一緒になって楽しむことができる“ファミリー・エンターテイメント”を目指しており、幼少期からご家族でご来園いただくことで、素敵な思い出を創っていただきたいと考えています。

また、両パークでは、同日から、障がいのある方向けのチケットを導入いたします。東京ディズニーリゾートでは、新施設のオープンやエンターテイメントプログラムのリニューアル、ゲストの利便性を向上する IT などを導入し、テーマパークの価値向上に努めてまいりました。今後もこれらのハード面の取り組みに加え、人財力の強化によるホスピタ
リティ力とオペレーション力の向上などにより、パークに訪れた誰もが安心して楽しめる
オンリーワンのテーマリゾートとして邁進してまいります。
オリエンタルランドIR より)

今回の値上げはつい先日の消費税増税に伴うとみられる値上げからわずか半年での値上げで、しかも値上げ幅も約1割と大変インパクトの大きいものになっています。

久しぶりに行くといつも上がってるような気がするわ!

そう、東京ディズニーリゾートのチケットは数年おき、場合によっては毎年のように値上がりしているんです!

そこで、この記事では、これまでの東京ディズニーリゾートの入場料、年間パスポート料金の推移についてまとめてみたいと思います。

本記事の内容は2020年1月時点での情報です。最新の情報とは異なる可能性がありますので、ご了承ください

東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド、東京ディズニーシー)の入場料、年間パスポート料金(正規料金)等の推移について調べてみました

東京ディズニーリゾート チケット金額の推移

東京ディズニーランドがオープンしたのは1983年。管理人はオープン翌年の1984年にディズニーランドに行った記憶があります(中学校の修学旅行でした^^)。

オープン時の入場料はなんと3,900円!今の値段のほぼ半分です。地方の遊園地の入園料と変わりませんね。いい時代があったものです。

その後もちろんアトラクションを増やしたり拡張したり、2001年には東京ディズニーシーができたり、またオフィシャルホテルが複数できたり、たしかに東京ディズニーリゾートとして、どんどん巨大テーマパーク化してきたのはたしかですね。

今回はもっとも標準的な1dayパスポートと年間パスポートの値段についてまとめてみます。

ディズニーランド開園からの入園料の推移

1dayパスポート 年間パスポート(単独) イベント
1983 3,900 TDLオープン
1987 4,200
1988 25,000
1989 4,400 消費税3%に
1992 4,800 31,000
1996 5,100 35,000
1997 5,200 35,700 消費税5%に
2001 5,500 40,000 ディズニーシー開園
2006 5,800 45,000
2011 6,200 52,000
2014 6,400 53,000 消費税8%に
2015 6,900 59,000
2016 7,400 63,000
2019 7,500 63,000 消費税10%に
2020/4 8,200 68,000

と、なっています。
(2020年4月の値上げも入れています)

コンスタントに値上がりし続けており、特にここ10年くらいの値上がり幅が大きくなっています。このペースで上がると、10年後くらいには10,000円を突破するのではないでしょうか?

なぜ東京ディズニーリゾートの入園料はあがりつづけているのか?

ところで、なぜ東京ディズニーリゾートの入園料はこんなにえげつないペースで上がり続けているのでしょうか?

いくつかの要因が考えられますが、最も確実に言えるのは消費税増税とアトラクション、施設の拡張に伴う値上げでしょう。

消費税増税に伴う入園料の値上げ

上の表をみると、消費税増税に合わせて、有無も言わさず100~200円ずつ入園料を値上げしています。

2019年も、消費税8→10%増税にあわせて100円値上がりましたす。なお、年間パスポートは、2018年の値下げで61,000円(入園制限時の入園規制のため)だったものが、2019年に62,000円に復活しました。

まあ、これに関してはディズニーランド側の経営努力でどうにかなるものではありませんのでしょうがないところですね。

今後も消費税値上げ(あるかどうかわかりませんが)のたびに入園料が上がるのは間違いないでしょうね。

アトラクション等の施設拡張に伴う値上げ

東京ディズニーリゾートは当初のオープンから、東京ディズニーシーの開園を始め、数年ごとにかなり大規模な施設の拡張、アトラクションの増設を繰り返してきました。

数年おきに訪れると、行くたびに大きく変わっているというのは、ディズニーリゾートの大きな魅力であるのは間違いありません。

確かに毎回数百億円規模で拡張をしていくのは企業としては大変なことで、その費用を入園料に転嫁したいというのはわからなくもありません。

しかしながら、これだけコンスタントに毎年数百億の純利益を上げて、しかも入園者数も増え続けている現状において、多少は企業努力をすることで、入園料の値上げに頼らずに魅力的なアトラクションの増設ができないものかと思います。

入園者数を抑制するために値上げせざるを得ない!?

2013年の30周年イベント以降、東京ディズニーリゾートの年間入園者数は、3,000万人台で推移しています。

外国人観光客が年々増加している現状では、混雑を抑制する方法として、チケットの値上げが一つの方法として考えられます。

さすがに入園者数抑制を目的として値上げしているとは考えにくいですが、値上げ幅の判断材料として、入場者数の推移が考慮されている可能性は十分に考えられますね。

海外のディズニーランドとのチケット比較

現在、東京、フロリダ、カリフォルニア、上海、香港、パリにあるディズニーランド。その最新の料金を調べてみました。

各地のディズニーランドのレギュラーシーズン料金(2020年1月現在)

パーク チケット料金(日本円換算) レート
東京 7,500円
フロリダ $109(11772円) 1ドル=108円
カリフォルニア $129(13,932円)
上海 575元(8,740円) 1元=15.2円
香港 639香港ドル(8,750円) 1香港ドル=13.7円
パリ 80ユーロ(9,440円) 1ユーロ=118.5円

となっています(特にアメリカのディズニーは時期やパークなどで料金が違うため、正確ではない可能性がありますが、ご了承ください)

実は東京ディズニーリゾートは世界的に見ると最も割安です!パークの内容をみても、値段的には高くはないのかもしれません。

物価の違いか、アメリカは高額ですね。どの地域のディズニーも、2日や3日分などのチケットは割安になっていますが、アメリカなどではシーズン別にチケットが設定されています。

東京ディズニーリゾートも2daysや3daysは割安になっていますが、シーズンでのチケット料金変更は採用されていません。今後さらに値段が上がるようであれば、シーズン別チケットも採用されるかもしれませんね。

東京ディズニーリゾートの入園料はどこまで値上がり続ける?

チケット料金と来園者数の推移のデータがあります。

東京ディズニーランドのチケット料金

※2001年にディズニー・シー開園

値段が上がり続けているのとほぼ同程度に、入園者数も増加しています。さらにここ数年は、外国人観光客の増加もあるためか、入園料の値上がり程度を超えて入園者数が増加しているように見えます。

要するに、現状程度の入園料の値上がりは入園者数には影響を与えないということです。

逆に言うと、入園料が今より安かったら、入園者数が今より更に増えてしまっていることが考えられますので、結果的に入園料の上昇によってなんとかサービスレベルを維持しているとも考えられます。

値段の上昇に対してサービスが見合わないなどのネガティブな意見もありますが、結果として現在の値段とサービスに対して消費者が納得しているということになり、利益の最大化を追求するために値上げをするというのは企業の行動としては理にかなっているように思われます。

上にあげたように、海外のディズニーランドと比較しても、サービスは引けをとっていないだけに、さらなる入園料の上昇は十分に有り得ると思われます。

果たしてどこまで上昇するかについてはわかりませんが、やはり10,000円というのはひとつの目安になるような気がします。ここまでくると、さすがに入園者数も伸び続けることはないように思いますがいかがでしょうか?

4661オリエンタルランド(OLC)の株価推移と株主優待も上がりっぱなし?

さて、東京ディズニーリゾートの親会社である株式会社オリエンタルランド(銘柄コード4661)ですが、開園以降、ほぼ株価は上がりっぱなしです。

OLC株価

このチャートは20年チャートですが、最安値からここ最近の株価は10倍以上になっています。

もちろん業績の裏付けもありますが、株価も下がることなく上り続けています。まさに絶好調企業です。

株主優待については、以下のようになっています。

OLC株主優待

以前は100株あたり年に2枚のチケットをもらえていたのですが、2015年に4分割の株式分割を行ってからは、2枚のチケットを貰うには400株持っていなくてはならなくなりました(2015年以前からの株主がもらえる枚数は変わっていません)。

2019年9月の株価では、年に2枚のチケットを株主優待でもらうには、600万円以上の投資が必要ということですね^^;。

以前は株主優待も魅力的でしたが、すっかり高嶺の花になってしまいましたね・・・(逆に言うと、持ち続けている人は満足度が高いと思います)



東京ディズニーリゾート チケット料金値上げについてまとめ

東京ディズニーランド、シーのチケット料金値上がり まとめ
  • 2020年4月より、1dayパスポートが8,200円になります。
  • 東京ディズニーランド・シーの入園料値上げの要因は、消費税増税、アトラクション拡張などが挙げられます
  • 海外のディズニーリゾートと比較すると、東京ディズニーリゾートの入園料は最低レベルです
  • 親会社オリエンタルランド(OLC)の株価は右肩上がりで、株主優待も高嶺の花となっています
  • 今後さらなる値上げの可能性は十分に考えられます

現在の東京ディズニーリゾートの人気を考えると、今後さらなる値上げの可能性は十分に考えられますね^^;

本記事が、ディズニーリゾートの値上がりについて知りたい方の参考になりましたらうれしいです^^。本記事についてご質問・ご指摘等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

その他のディズニー関連情報はこちらからどうぞ
ブログランキング ディズニーランド&シー参加中です!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ディズニーランド&シーへ
以上は個人の趣味で集めた情報ですので、誤りがあるかもしれません。その場合はそっと教えてもらえると嬉しいです。

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。