マイラー情報update

TOKYUルートでポイントをANAマイルにしよう【2020年最新版】

TOKYUルート
モッピーでポイントがたくさん貯まったんだけど、ここから直接ANAのマイルに交換していいの?
そのまま交換するのはもったいないよ。
ちょっと面倒だけど、TOKYUポイントルートで交換するのをおすすめするよ

この記事では、モッピーなどのポイントサイトで貯めたポイントを最も効率よくANAマイルに交換する方法を解説します

クレジットカードを作ったり、ポイントを複数回数変換したり、少し手間がかかりますが、1マイル=数円~10円にもなる貴重なマイルを少しでもたくさん獲得するために、是非活用しましょう。

東急TOKYUポイントルートとは

ポイントサイトから直接マイルへの変換はおすすめしません

例えば、ポイントサイト、Gポイントで、直接ポイントをANAマイルに交換する場合には、

のように、1/3になったり、他のポイントサイトでは1/2(50%)になったりして、大きく減価します。

モッピーでは、ANAマイルへの直接交換自体ができないんです

調べた限りでは、TOKYUポイントルート以外のポイントサイトでは、ポイント→ANAマイルの交換レートは最大で50%です。

せっかく貯めたポイントを直接ANAマイルに交換するのは、もったいないので、やめておきましょう。

ポイントサイトから直接ANAマイルに交換するのはやめましょう

以前使えたソラチカルートは現在はつかえません

2019年までは、ソラチカルートあるいはLINEルートとよばれる高レート交換ルートが知られていました。

ソラチカルートは、ソラチカカードを持っている会員の方がメトロポイントを90%でANAマイルに交換できるルートで、ポイントサイトからの実質レートは81%の高レートでした。

しかしながら、2019年にLINEポイント→メトロポイントのルートがなくなってしまったため、このルートは利用できなくなってしまいました

そこに、時期をほぼ同じくして(交代するかのように)現れたのが、以下でご説明するTOKYUポイントルートです。

ソラチカルート(LINEルート)は2020年からは利用できません

2019年から利用可能になったTOKYU POINTルート

TOKYUルートは、ANA東急カード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード)を所持していると利用できるポイントルートです。

ソラチカルートとくらべるとだいぶシンプルにみえるよね

重要なのは、ドットマネーに一度変換が必要という点です。これは、現状では各ポイントサイトから直接TOKYUポイントへの変換ができないためです。

このTOKYUルートはポイント→ANAマイルが75%の高レートで交換できる、現時点では最も効率の良いポイント交換ルートです。

以下で詳しく解説しますので是非使いこなせるようにしましょう。

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

東急TOKYUルートのメリット

TOKYUルートにはソラチカルートよりも大きなメリットがあります

ソラチカルートに比較すると、ポイント交換レートがやや低下してしまいましたが、一方で、TOKYUルートには以下のような大きなメリットがあります。

  • ANAマイルへの交換ルートがシンプルで速い!
  • ANAマイルへの移行上限がほぼなし
  • ANAマイルへの交換率75%

ANAマイルへの交換ルートがシンプルで速い

ソラチカルートと比較して、最大のメリットは交換ルートがシンプルであるという点です。

ソラチカルートの場合、一般に各ポイントサイト→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルと、少なくとも4回の交換が必要でした

一方で、TOKYUルートの場合は各ポイントサイト→ドットマネー→TOKYU POINT→ANAマイルと、3回の交換ですみます

実際にポイント交換をしてみると、1回少ないのはかなりありがたいね

しかも、各ポイントサイトから最終のANAマイルまでの交換にかかる期間が最短で約3週間で交換できます。それぞれの経由地点でかかる時間はおよそ以下のとおりです

  1. 各種ポイントサイト → ドットマネー:リアルタイム~数日以内
  2. ドットマネー → TOKYUポイント:約15~30日
  3. TOKYUポイント → ANAマイル:約1週間

※ドットマネーからTOKYUポイントへの移行期間は、交換申請をしたタイミングで変わります(1日~15日申請分は、申請月の下旬頃、16日~末日申請分は、翌月の中旬頃に交換となります)

ソラチカルートでは2ヶ月前後かかっていたポイント交換がTOKYUルートでは最短約3週間ですみます!

ANAマイルへの移行上限が(ほぼ)なし!

ソラチカルートの場合、メトロポイント→ANAマイルの交換が最大で20,000ポイント(18,000マイル)という制限がありました。そのため、年間で最大でも216,000マイルしか貯めることができませんでした

一方で、TOKYUポイントの場合、TOKYUポイント→ANAマイルには交換の上限がありません!

ドットマネーからTOKYUポイントへの交換は月100,000ポイントまでの制限がありますが、最大で月75,000マイル獲得可能です!

急いで高マイルの特典に交換したい時には便利だよね

ANAマイルへの交換率75%

TOKYUルートでは、各ポイントサイトからANAマイルへ最終的に75%の交換レートで交換可能です。

一方で、現在ほとんどのポイント交換サイト→ANAマイルの交換レートは50%以下になっています。

少し手間をかけるだけで貯まるマイルが1.5倍になるんです!例えば日本→ハワイのエコノミー40,000マイル、ビジネスクラスは65,000マイルですから、この交換レートの増加率だけでほぼエコノミーからビジネスへのアップグレード可能です。



東急TOKYUポイントルートを利用した実際のポイント→マイル交換方法

まずはドットマネーへの登録とクレジットカードの発行をしましょう

ポイントサイト、ドットマネーに登録しましょう

まずはなにはともあれポイントサイト、ドットマネーに登録しましょう。

ドットマネーは、アメーバブログが運営するポイント交換サイトで、クレジットカードのポイントや、アンケートポイント、ポイントサイトなどのポイントを交換できます。

特筆すべきは、ドットマネーに交換できるポイントサイトが非常に多く、しかも多くはリアルタイムで等価交換可能な点です。

ドットマネーに交換できる主なポイントサイト

などなど、メジャーなポイントサイトからはだいたい交換可能です。

さらに、ドットマネーからTOKYUポイントに等価で交換できるのも唯一無二の特徴です。

そのため、TOKYUルートを経由したマイル交換にはドットマネーへの登録が必須になっています。

ドットマネーポイントの有効期限は最長6ヶ月程度(最短で翌月末)とやや短いため、ご注意ください。

TOKYUカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード)

ドットマネーからTOKYUポイント移行のために、以下のTOKYUカードが必要です。

TOKYUカードにも種類がありますが、ANAマイルに75%でポイント移行するためには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードが必要です。

このカードは初年度年会費無料で、年会費751円+税(マイ・ペイすリボ登録、かつ年に1回のカード利用が必要)で毎年継続マイルが1000マイルもらえます。ですので、死蔵カードとして持っていても損はしないといえるカードです。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードはソラチカカードのような大きな入会キャンペーンはないようですが、モッピーではときどき入会キャンペーンを行っているようですので、こちらのリンクから登録し、「ANA VISA」等で検索してみてください。

このカード以外のTOKYUカードでは、TOKYUポイント→ANAマイルの交換レートが50%となりますのでご注意ください。

TOKYUポイントWebサービスに登録しましょう

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードが無事届いたら、早速TOKYUポイントWebサービスに登録しましょう。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの登録は通常の東急カードとは別に、ページ下部の以下の部分から登録します。

ドットマネーのポイント交換ページには以下のように書かれています。特に、メールアドレスはご注意ください。

TOKYU POINTへの交換手続きを行うにはTOKYU POINT Web サービスへの会員登録(無料)が必要となります。

ポイント交換時のメールアドレスには、TOKYU POINT Web サービスに登録しているメールアドレスを入力してください。(両者を同じメールアドレスにしてください)

・対象券種は各種TOKYU CARD、JALカード TOKYU POINT ClubQ、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、スーパーIC カード TOKYU POINT PASMO「三菱UFJ-VISA」、TOKYU POINT CARDとなります。

・TOKYU POINTのご利用方法については、東急カードホームページ(https://www.topcard.co.jp/point/use/index.html)をご覧ください。

・ドットマネーからの月間交換上限額は、100,000マネーとなります。

・入力内容に不備があった場合、TOKYU POINTに交換できません。その場合はマネーをお戻し致します。

・TOKYU POINTへの交換は、交換に必要なマネー数を保有している方が対象です。

ドットマネーとTOKYU POINT Web サービスへの登録は、必ず同じメールアドレスで行ってください

実際にポイントを交換しましょう

では、実際にポイントを交換してみましょう。以下の手順で交換します。

  1. 各種ポイントサイトのポイント → ドットマネー
  2. ドットマネー → TOKYUポイント
  3. TOKYUポイント → ANAマイル

各種ポイントサイトのポイント → ドットマネー

まずはご利用のポイントサイトから、交換するポイントをドットマネーに集中させます。

以下はモッピーのポイント交換画面ですが、こちらからドットマネーに交換します。以下のように、1P→1マネーと等価交換可能です。

良く利用されている多くのポイントサイトではドットマネーに等価交換可能ですが、一部交換できないポイントサイトもありますのでご注意ください。

おすすめはモッピーですよ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

なお、モッピーを含めたポイントサイトでの効率のいいポイント獲得方法については、以下の記事で解説していますので、是非お読みください。

ポイントはドットマネーに集中させましょう

ドットマネー → TOKYUポイント

ドットマネーに貯まったポイント(マネー)をTOKYUポイントに交換します。

ドットマネーホームページの「マネーを使う」から上の「TOKYUポイント」を選択して、手順通りに交換します。

ちなみに、ドットマネーから直接ANAマイルに交換しようとすると、以下の通り300マネー→85マイルにしかなりませんので要注意!

これが300マネー→225マイルになるのですから、全く違いますよね!

ドットマネーからTOKYUポイントへの交換が最も時間がかかります

TOKYUポイント → ANAマイル!

さあ、最後のひと手間です。TOKYUポイントをANAマイルに交換しましょう。

交換は東急カードアプリまたはTOKYUポイントWebサービスから行います。

東急カード
東急カード
開発元:TOKYUCARD.INC.
無料
posted withアプリーチ

以上で終了です。少々手間がかかりますが、是非やってみてください。

慣れれば単なる作業になるし、実際にマイルが大きく貯まると嬉しいよ!

なお、ポイントサイトのモッピーでは独自にこのTOKYUルートに便乗して、最大86.3%での交換が可能になっています

このキャンペーンを適用するには

  1. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの発行
  2. モッピー公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」の発行
  3. エクスプレスキャンペーン対象広告15,000ポイント以上の利用
  4. モッピーポイント10,000ポイントをドットマネーに交換
  5. ドットマネー10,000ポイントをTOKYU POINTに交換

これらの条件をクリアすると、還元ポイントがもらえてトータルで86.3%還元になるというものです。

申し込み方法がやや複雑で、1人月10,000ポイントまでと制限がありますが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードをこれから発行する方などはついでに行ってもいいかもしれません。



ANAマイル大量獲得のための東急ルート まとめ

TOKYUルート まとめ
  1. 各種ポイントサイトから直接マイルへの交換は非効率的です
  2. ポイントサイト→ANAマイルへの交換は東急ポイントルートを利用しましょう
  3. ドットマネーへの登録とANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの発行、Webサイトへの登録が必要です
  4. TOKYUルートなら、ポイント→ANAマイルが75%の高レートで約3週間で交換可能です!

手間がかかるような気がしますが、一旦ルーチンにしてしまえば、単なるサイトチェックの一環としてできますので、意外に簡単です。

みなさんも是非使いこなせるようにしてみてください。

ポイントサイトで貯めた陸マイルでビジネスクラスに乗る快感を是非皆さんも味わってみてください!

本記事が、これから陸マイラーとしてANAマイルを貯めていこうとしている皆さんの参考になれば幸いです^^。ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

以上は、2020年2月時点での情報です。時期によって変更されることがありますのでご注意ください。利用する場合には個人の責任で行ってください。

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。