健康情報

ミノキシジル&デュタステリド入り発毛剤リグロースラボ使用レビュー【生えた?生えない?】

ミノキシジル&デュタステリドレビュー

若年~中年男性の多くが悩んでいるAGA型脱毛症(いわゆる若ハゲ)ですが、何を隠そう?この私もアラフィフではありますが、ここ数年薄毛に悩まされております^^。

妻や家族に言われて、数年前に外用の発毛剤を始め、抜け毛の進行が比較的止まっていたことから、油断して一旦中止してしまいました。すると、はっきりわかるくらい抜け毛が始まってしまい、最近あわてて薬を少し変えて再開しました。

現在2種類の外用発毛剤(ミノキシジルとデュタステリド)を併用していますが、この2つの発毛剤の併用がいい感じです。

そこで、AGAについての概要とともに、現在使用している発毛剤について、実体験を交えてレビューしてみます。

以下の説明に基づいた薬の購入、服用は、個人の責任で行なってください。副作用等、気になる症状がある場合には、クリニックを受診して下さい。

外用の発毛剤で、ミノキシジルとデュタステリドを含むリグロースラボM5とD5αを実際に使用してみたのでレビューします

AGA (Androgenic alopecia)とは?

AGAとは?

AGA(Androgenetic alopecia男性型脱毛症、いわゆるハゲ)は比較的若い年齢から始まる男性の薄毛です。

脱毛は、男性ホルモン受容体が広く分布する頭頂部や前頭部にみられるとされています。両方の領域で脱毛症状がみられることのある一方、いずれかの部位に限局してみられることもあります。

AGAの発症には、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が関与しているとされています。男性ホルモンが強い人はAGAになりやすいという俗説?があります。

AGAには遺伝的素因も関係していると考えられています。親父がハゲてて子供がハゲるパターンてよくみますよね。まあ、親をうらんでもしょうがありませんが、実際遺伝の関与は強いです。

AGAになると、毛が細くなってきて全体のボリュームが減少してきます。年齢は20代後半から40代後半で多くみられます。

ちなみに、女性の場合にも頻度は低いですが、同様の症状が出ることがあります。女性の場合は閉経後に発症することが多く、頭頂部の毛髪が薄くなる傾向があります。

AGAの治療

AGAの治療は、発毛剤や育毛剤などの各種外用薬や内服薬が使用されます。クリニックでは、通常は内服薬が基本となります。

内服薬として有名なのは、フィナステリドと呼ばれる抗アンドロゲン薬(商品名:プロペシアないしデュタステリド)です。もともと前立腺肥大の患者に投与されていて、発毛が偶然見られたことから、発見されたと言われています。

もうひとつ、内服薬として、フィナステリドとは別の作用機序であることから併用されることが多いのがミノキシジルと呼ばれる血管拡張薬です。ミノキシジルは外用薬としてリアップが有名ですね。

内服薬は、全身に作用することから、個人的にはポストフィナステリド症候群などの副作用が心配で使用していません。理屈の上でも、頭の毛だけを増やしたいのに、全身に作用する内服薬は不要と考えています。

一方で、外用の発毛剤は、局所に作用することと、全身性の副作用が発現しにくいと考えられることから、薄毛の治療としてはリーズナブルではないかと考えています。

あとは、治療の時期も大事ではないかと思います。完全に脱毛してしまって、毛根がなくなってしまっては、おそらく発毛剤の効果はないのではないかと思います。薄毛が気になり始めた時期からの治療開始が大事ではないかと思います。

本記事では、一度やめた外用剤を再度使い始めて、いい感触を得ていますので、その経過と、薬を紹介したいと思います。

リグロースラボM5&D5α(外用ミノキシジル、デュタステリド)の使用経過

今回レビューする外用のミノキシジル、デュタステリドですが、実は外用の発毛剤の使用はこれが初めてではありません。2012年ころから、リアップに始まって、ミノキシジル入の発毛剤を個人輸入でずっと使い続けてきました。

薄毛の進行はほぼ止まり、やや薄い程度の状態を数年間キープすることができ、薬の効果は実感していました

一昨年くらいから、ミノキシジル濃度の高いタイプ(12%だったと思います)を使ってきたのですが、そのころから、動悸(不整脈)がひどくなり、これはミノキシジルの副作用ではないかと思い、約昨年の秋くらいを最後に中止していました(一時期はフィナステリドも含有したものを使用していました)。

やめてみたら、確かに不整脈は良くなったのですが、やはりやめて1ヶ月くらいから明らかに薄毛が進行しているのがわかりました。

そこで、2019年6月より、再度始めることにしました。今回は不整脈がなるべく出ないように、ミノキシジル濃度は5%のものとして、デュタステリドを含有しているスプレーを併用することにしました。

以下に、再開してからの使用経過と薄毛の進行についてまとめましたので御覧ください。

なお、以前からの経過を通じて、内服薬は一度も使用していません。

なお、写真についてはなるべく角度等、条件を合わせるようにはしていますが、光の加減などで、多少見え方が違っている可能性がありますのでご了承ください。

2019/6/18 リグロースラボM5 & D5α使用開始~

外用の発毛剤を数ヶ月やめたところ、明らかに脱毛が増えました。そこで、2019年の6月半ばから、発毛剤の仕様を再開しました。今回は、下で紹介しているリグロースラボのM5(ミノキシジル5%含有)とD5α(デュタステリド)の2剤で開始することとしました。

薄毛0618
再開時の頭頂部です。少しテカってますね。

7/21 開始後1ヶ月、初期脱毛のピークが襲う・・・

その後、よく言われるように、初期脱毛が襲ってきましたT_T

薄毛0721

リグロースラボM5とD5αを使い始めて約1ヶ月です。このあたりが初期脱毛のピークだったようです。かなり薄くなったのがわかります。

シャンプーをしていても、頭頂部を触ると手に髪の毛が必ず数本はついてきます。シャワーで流しても、毛が少しずつ落ちてくるのが見えるような状態でした。

じつはこのころは「このまま脱毛が続いたらどうしよう」とかなり焦っていました^^;。

その後、徐々に脱毛が治まってきました。

シャンプーをしても手に毛がほとんど残らなくなってきて、「毛が抜けていない」ことがわかるようになってきました。

2019/8/29 少し回復

その後、1ヶ月を過ぎたあたりから、ようやく回復の兆しが・・・

薄毛0829
こちらが、リグロースラボM5とD5αを使用して約2ヶ月の現在の状況です。散髪前のため、やや毛量が多い時期ではありますが、目に見えて改善しています。

シャンプーの際にも、明らかに抜け毛が減っているのがわかります。これでようやく一息つけました^^。初期脱毛、結構怖いです。

以下では、現在使用中の発毛剤についてご紹介します。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

外用発毛剤リグロースラボM5 [ミノキシジル5%]とリグロースラボD5α [デュタステリド0.5%]の購入方法(個人輸入)

ミノキシジル5%含有外用発毛剤リグロースラボM5

ミノキシジル5%配合といえば、リアップが思い浮かびます。リアップは日本製ということで、安心ではあるのですが、非常に高価(1本約7,000円程度)です。

下記のリグロースラボM5は、リアップと同様のミノキシジル5%含有の外用薬です。個人輸入で、リアップの半額以下で購入が可能です。


リグロースラボM5[ミノキシジル5%]

髪・頭皮のメカニズムを紐解き、毛髪にまつわる悩みを解決するRegrowth Labs(リグロースラボ)から、ミノキシジル5%の育毛剤が登場です。

M5は、リアップX5プラスと同じ有効成分のミノキシジルを5%含有した育毛剤です。痒みの原因となるプロピレングリコール(PG)を使用していないので、頭皮へやさしい処方となっています。

ミノキシジル 5%
日本で唯一、壮年性脱毛症への発毛効果が認められている成分です。既に始まってしまった脱毛の進行を予防するだけでなく、発毛の効果もあります。毛細血管を拡張させ、頭皮の血行を促すとともに、毛母細胞へ直接働きかけることで、毛周期における成長期を延長させます。

◆用法
1回2プッシュ(1mL)を1日2回、毛が薄くなったり、細くなったりしている部位へ塗布する。
その後、2~4分間、頭皮をマッサージする。

(オオサカ堂ホームページより)

デュタステリド5%含有外用発毛剤リグロースラボD5α

リグロースラボD5αはデュタステリド5%を含有した外用の発毛剤です。抗アンドロゲン作用により、脱毛を抑制します。

リアップと異なり、同様の作用機序の外用薬は国内では販売されていませんが、ミノキシジルとは異なる作用であることから、併用により効果が期待できます

こちらはミノキシジル外用薬(リグロースラボM5)より値段が高めですが、以下から個人輸入可能です。


リグロースラボD5α[デュタステリド0.5%]

髪・頭皮のメカニズムを紐解き、毛髪にまつわる悩みを解決するRegrowth Labs(リグロースラボ)から、デュタステリド配合の育毛剤が登場です。

D5αは、アボルブやザガーロと同じ有効成分のデュタステリドを含有した育毛剤です。デュタステリド以外にも、アゼライン酸、Trichogen™ブレンドが髪の成長を後押しします。痒みの原因となるプロピレングリコール(PG)を使用していないので、頭皮へやさしい処方となっています。

デュタステリド
男性型脱毛症(AGA)治療薬のザガーロカプセルと同じ有効成分です。Ⅰ型およびⅡ型の5α-還元酵素を阻害することで、活性型アンドロゲンのジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えます。

アゼライン酸
毛根中の毛乳頭細胞にある5α-還元酵素の働きを阻害し、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

Trichogen™
細胞代謝を刺激しながら、髪質を強化して、毛髪の表面を修復します。ケラチンへの吸着性が良好で、持続性があります。特に後頭部で有用な育毛ブレンドです。

◆用法
1回2プッシュ(1mL)を1日2回、毛が薄くなったり、細くなったりしている部位へ塗布する。その後、2~4分間、頭皮をマッサージする。

(オオサカ堂ホームページより)

個人輸入の場合、申込みから到着まで最速で一週間程度はかかります。御理解の上、ご自身の状態を考慮して、計画的にご注文ください。 

外用発毛剤の副作用について

ミノキシジルは血管拡張薬であることから、血圧低下や、不整脈などの副作用があることが知られています。内服に比べると血中濃度がかなり低く抑えられるため、副作用の頻度は低いですが、可能であれば濃度が低めのものを使用するのが良いでしょう。

フィナステリドの副作用としては、特に内服ではうつ症状や性欲の減退などが知られています。外用であればやはり血中濃度はかなり低く抑えられるため、副作用の頻度は低いものと考えられますが、同様の副作用が出現する可能性はあります。

発毛剤リグロースラボM5とD5αの効果まとめ

リグロースラボM5&D5αについてのまとめ
  • AGAは、比較的若年からみられる薄毛(ハゲ)の症状です。
  • AGAは男性ホルモンと遺伝の関与が考えられています。
  • AGAの治療薬として、内服と外用がありますが、副作用の点から、外用がおすすめです。
  • 管理人が実際に使用した際の効果について写真で紹介しています。
  • ミノキシジルとデュタステリドを含有する外用の発毛剤(リグロースラボM5&D5α)とその購入方法を紹介しています。

本記事が、私と同様に薄毛に悩む方々のお役に立てば嬉しいです^^。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

以上の説明に基づいた薬の購入、服用は、個人の責任で行なってください。副作用等、気になる症状がある場合には、クリニックを受診して下さい。

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。