ポイントサイト

m3.com(エムスリー)でJAL・ANAマイルや楽天ポイントを最大限獲得する方法

ドクターの皆さん、m3.com(エムスリー)はご利用でしょうか?

エムスリーといえば、ソニーの関連会社で、医師だけでなく、薬剤師、看護師、理学療法士なども利用・登録している、医学系の情報サイトの中では最大級のサイトです。

エムスリーは医療・医学関連の情報源としても非常に有用なサイトですが、一方でポイントサイトとしての利用も可能です。

しかも、無料で、比較的簡単な手続きでポイントが貯まり、さらにJALでもANAでも年間10,000マイル以上の多量のマイルが獲得できるのは大きな魅力です。

この記事では、毎日数分~10分程度の手続きで、医師であれば誰でも年間10,000マイル以上貯める方法を紹介します(裏技ではなく、正規の方法です)。

まだエムスリーの会員になっていないかたは、時々医師または薬剤師対象のさらにお得になる入会紹介キャンペーンを行っていますので、もしキャンペーン中であればこちらからご連絡いただければ紹介させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

今回の記事は管理人の趣味であるマイル獲得を目的として書いていますが、エムスリーポイントは人によっては、さらにお得と思われるポイント交換が可能です(例:楽天ポイントなど)。以下の方法で獲得したポイントはマイルに限らず、それぞれの好みで交換することをおすすめします^^。

目次

国内最大規模の医療・医学系情報サイトであるm3.com(エムスリー)で最大限のポイントを獲得し、JALやANAのマイル年間10,000マイル以上を獲得する方法をご紹介します

m3.com(エムスリー)とは

エムスリーとは

医療情報系サイトはたくさんありますが、エムスリーはその中でも知名度、会員数ともに最大級といわれるサイトです。

エムスリーのサイトには以下のように書かれています。

日本最大級の医療従事者専用サイト医療従事者の情報ニーズに応える会員制サイト、m3.com。
医療に関する最新ニュース、海外論文、各種データベース等に加えて、医師同士の意見交換の場等、多面的な医療情報や役立つツール、サービスをご提供しています。
さらには転職情報、開業準備情報等も網羅。

医療系ポイントサイトの殆どは、医師のみを対象としていますが、エムスリーはコメディカル全般を対象としており、その点も会員数を押しあげています(ただし、コメディカルの場合はアクセスできる情報に制限があることから、ポイントが最も貯まるのは医師・ドクターです)。

非常に豊富な医療情報のみではなく、医療従事者ならではの悩みや、日常のお役立ち情報など、幅広く扱っているのも特徴です。

勤務医・開業医を問わず、ドクターであれば必ず入会しておくべきサイトの一つと言えます。

m3.com(エムスリー)のポイントサイトとしての魅力

医療情報系サイトとしての情報が得られるという魅力だけではなく、m3.comにはポイントサイトとして以下の魅力があります。

  • 無料で比較的多量のポイントがゲットしやすい
  • ポイント交換先が豊富(医療情報系サイトとしては)
  • ポイント単価が比較的高いので、アンケート等回答のしがいがある

以下解説します。

無料で比較的多量のポイントがゲットしやすい

エムスリーは医療従事者、特にドクターを対象としているためか、製薬会社などがスポンサーとなった薬の情報やアンケートが豊富にあり、不特定多数を対象としたポイントサイト等に比較して遥かに大量のポイントがゲットできます。

ポイント交換先が豊富

エムスリーはJALやANAのマイルを始めとして、ポイントの交換先が非常に多数あるのも特徴です。

以下は「ポイント」カテゴリーで交換できるポイントの一覧です。JALとANAが交換先にあるだけでなく、特にJALマイルがANAマイルより高レートで交換できるのは珍しいのではないでしょうか。

「ポイント」への交換先一覧です。JALマイルには80p→150マイル、ANAマイルには100p→150マイルのレートで交換可能です。

他の医療情報系サイト(日経メディカルなど)では、一般に交換先が少なく、特にマイル等に交換できるのはエムスリーのみとなっています。

陸マイラーでも、マイルをもらえる機会はそんなに多くはないから、直接マイル交換できるエムスリーは貴重だよね

ポイント単価が比較的高いので、アンケート等回答のしがいがある

モッピーなどのポイントサイトでは、アンケートに答えても1ポイントや2ポイント程度のことが多いのですが、エムスリーでは、アンケートの回答で10ポイント~最大数百ポイント稼ぐことも可能です。

これくらいポイントを貰えれば、多少面倒でもアンケートに答えようかという気になりますよね。


私が実際に獲得したポイント

さて、エムスリー会員の医師会員である私が、実際に獲得したポイントをご紹介します。

正規の方法で、ある程度マメにチェックすればこの程度は稼げますので、目安にしてみてください。

m3

およそ1週間程度の間に約400ポイント溜まっています。マイルに直接交換すると100ポイント=150マイルですので600マイル獲得できます。

この割合で行くと、1ヶ月に2,000マイル以上、年間で20,000マイル以上、うまくすると30,000マイル近く獲得することが可能です。しかも無料で!

ちなみに楽天ポイントへの交換であれば、235ポイント=1,000ポイント(=1,000円分)に交換可能ですので、10,000マイル分のポイント=約28,000円となり、年間50,000円以上獲得することも可能です。

面倒だから記事を閲覧するだけで、ポイントは関心がないという方も、これくらい稼げるとわかれば少しはやってみようと思いませんか?

ちなみに、以前は楽天ポイント→ANAマイルに交換するとさらに高レートで交換が可能でしたが、現在はこのルートは使えませんので、実際には直接m3ポイント→ANAマイルの交換しかできないようです(もしさらに高レートの交換方法をご存じの方は教えて下さい)

では、以下に実際に私が行っている方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

初期設定 診療科の設定が大切!

診療科は5つ選ぶことが可能です できるだけ5つ設定しましょう

実は診療科の設定がかなり大事です。診療科は5つ選ぶことができます(開業医ではたくさん標榜していることがありますので、それを考慮してのことと思います)。

ここを控えめにしたり、1つの専門科のみにしたりすると、MRからの情報や、web講演会のお知らせがかなり限定されてしまいます

自分の診療科のみに限定せずに、広い診療科で設定しましょう。特に循環器内科や呼吸器内科、消化器内科などの内科系を複数入れておくことをおすすめします。

診療科の追加方法 変更は面倒なので追加します

診療科の追加は以下の「会員情報変更」のところをクリックします。

ちなみに、私の現在の診療科は以下のようにしています。

(第一診療科は伏せています)

なお、診療科は追加は簡単にできますが、変更は多少面倒ですのでご注意ください。エムスリーのホームページには以下のように記載されていますので、現在の診療科に追加するのがいいと思います。

【追加について】
診療科は5個まで設定可能です。こちらから追加設定ください。

【変更について】
ご自身で診療科の変更はできません。変更を希望される場合には、お問い合わせ入力フォームから変更の詳細をご連絡ください。

毎日チェックすること

エムスリーでは、毎日数分程度、以下の作業で約40アクション(10アクション=1ポイント)+連続によるボーナスアクションを獲得できます

  1. ログインボーナス
  2. 今日のToDo
  3. 今日のアクション
  4. MR君(未読ゼロアクション)
  5. 今日のクイズ

地道な作業ですが、チリツモで意外に効いてくるのと、このときにアンケートほかのチェックが可能ですので、毎日必ず行いましょう

ちなみに私は毎朝起きてすぐのトイレの時などスキマ時間にスマホで行っています^^。

m3.comで毎日チェックすべきこと ①ログインボーナス

ログインボーナスについては、PCからではなく、アプリから行う必要があります(ほかのアクションはPCからでも可能です)。ですので、毎日のルーチンはスマホアプリから行いましょう

まずはスマホアプリをインストールしましょう(スマホアプリのインストールもときどきキャンペーンでポイントが付きますのでうまくタイミングがあえばアプリインストールだけでポイントゲットできます)。

以下のリンクからインストール可能ですので、是非インストールしてください。

m3.com
m3.com
開発元:M3, Inc.
無料
posted withアプリーチ

さて、アプリをインストールしたら、スマホアプリのログイン画面から以下をタップします。

m3ログイン
ログインボーナスは毎日1-2アクション獲得でき、7日連続でアプリからログインすると10アクションもらえます。


ログイン終了後の画面です。

m3.comで毎日チェックすべきこと ②今日のToDo

続いて、「今日のTo Do」に進みます。

m3ログイン

ここもひとつひとつタップしていきます。タップした後に別の画面に飛ばされて、この画面に戻るのが少し面倒なことがありますが、しょうがないですね。

m3.com todo

「本日のTo Do」を終了しました。なお、最近、18:30から毎日追加To Doが加わりましたので、忘れていなければ夜もTo Doでアクションをゲットしましょう。

続いてトップ画面に進み、「アクション履歴」から、今日獲得できるアクションを確認します。


左上のメニューをタップします。

 


ここで、「アクション履歴」をタップします。

すると、以下の画面になります。


「実施中のキャンペーン」をクリックします。

 


ここでチェックするのは「MR君」(「対象メッセージをすべて読むと25a進呈中」のところ)、「今日のアクション」、「会員ステータスページ確認」です。

m3.comで毎日チェックすべきこと ③今日のアクション

「今日のアクション」をタップしましょう。これだけで毎日5aもらえます。

そして、毎日行っていると、ボーナスが大きくつきます。

正確にはわかりませんが、上記のように28日連続で達成すると、5×28+200=340a=34pは少なくとも獲得できると思われます。

m3.comで毎日チェックすべきこと ④MR君(未読ゼロアクション)

MR君については以下に解説します。

MR君からのメッセージはそれほど頻繁には来ませんので、大抵の場合は「対象メッセージを読む」の部分は0件となっています。

0件の場合はそのまま「アクションを獲得する」をタップしましょう。もしMR君からのメッセージがある場合には、それをチェックしてから、「アクションを獲得する」をタップします。

なお、この「アクション履歴」は、PCの下の赤丸部分をクリックしても同様にアクションを獲得可能です。


PCの画面です。「アクション」の部分をクリックします。


こちらの画面からスマホと同様にアクションを獲得可能です。なお、スマホですでにこの部分のアクションを獲得していれば、こちらの操作は不要です(スマホアプリとPCが同期していますので、すでにアクションを獲得していればわかります)。

m3.comで毎日チェックすべきこと ⑤今日のクイズ

ルーチンの残りは「今日のクイズ」です。

「水曜クイズの日」には、アクションをランダムに獲得できますが、その他の日はクイズをやってアクションがもらえるかどうかは定かではありませんので、必ずしもやらなくてもいいかもしれません。


クイズは真剣にやると結構骨が折れるので、適当にポチポチしています^^;。

以上が私がほぼ毎朝ルーチンで行っているアクションです。結構大変そうですが、実際には2-3分程度で終了します(毎朝トイレでやっています^^)。

単にアクション獲得目的としてはかなり少ないポイントにしかなりませんが、実際にはイベントやキャンペーンなど、ここで気づくことも多いため、毎日習慣にするといいと思います。



m3.comで時々チェックすること

上記のような毎日のルーチンでアクションを獲得するとともに、エムスリーでは、毎日でなく、時々イベントやキャンペーンが行われています。

アクションではなく、直接m3ポイントを比較的大きく稼ぐことが可能ですので、多少面倒でも是非チェックすることをおすすめします。

時々チェックすべきイベントやキャンペーンは以下のようなものがあります。

  1. Web講演会
  2. アンケート
  3. DI Station

以下、それぞれについて解説します。

m3.comで時々チェックすべきこと ①Web講演会

web講演会は、ランダムに開催されるweb上の講演会です。案内が来た場合のみ講演を聞くことが可能です。

ここで効いてくるのが、上の方で説明した診療科の登録です。

このweb講演会は診療科に関連した講演しか案内が来ませんので、マイナー科だけ登録していると、かなり少ない案内しか来ません。そこで、診療科を複数、特に内科系のメジャーな科を登録しておくことが必要になります。


web講演会は、週に2-3回程度聴講が可能です。通常は予約をして、当日聴講という流れです。

1回の予約-聴講で100-200アクション(=10-20ポイント)程度獲得可能ですので、是非予約をマメにして、忘れずに聴講しましょう。

なお、聴講はスマホでもPCでも可能です。聴講時間に応じてポイントが変動することもあります(1分で2アクションなど)ので、可能であれば、ある程度の時間聴講をすることをおすすめします。

m3.comで時々チェックすべきこと ②アンケート

アンケートに関しては「定期アンケート」と「臨時アンケート」があります。

『定期アンケート』で是非チェックしてほしいのが「参加した講演会orWeb講演会についてのアンケート」と「最近入手された医薬品の情報源についてのアンケート」です。

参加した講演会orWeb講演会についてのアンケート

m3アンケートこちらは常設のアンケートです。2-3分程度で終了します。

リアルな講演会やweb講演会(m3.comだけでなく、日経メディカルなど他のサイトのweb講演会も可能です)についてのアンケートに答えると、10ポイント前後ポイントが貰えます。

かなりお得な案件ですが、週あたり10件まで、月に30件までの上限があります。

最近入手された医薬品の情報源についてのアンケート

こちらもかなりお得な案件です。常設ではありませんが、1-2ヶ月に数週間程度設置されています。


薬の情報をwebなどで調べた際に、その情報源を短いコメントとともに入力するだけで、これだけのポイントが貰えます。

6件以上入力すれば、アクションではなく、m3ポイントがこれだけもらえるのは非常にお得ですので、是非やってみましょう。

ただし、5件以下しか入力していない場合はポイントがもらえないのでご注意ください。

臨時アンケート

上記のような定期的なアンケートの他に、時々チェックしていると(特に土日に多い印象です)、下のような臨時のアンケートが出てくることがあります。

m3アンケート

臨時アンケートは、ものによって10分くらい時間がかかることがありますが、かかった時間なりのポイントが貰えますので、時間があればやって見る価値はあります。

アンケートによっては、すぐに回答数上限に達して消えてしまうことがありますので、見つけたらその場で回答しましょう。

m3.comで時々チェックすべきこと ③DI Station

web講演会、アンケートの他に、DIstationという薬剤情報ページでも不定期(月に1回程度)に数百アクションを稼ぐことが可能です。

このページでは、不定期で薬剤の情報が更新され(メールで通知されます)、ポチポチするだけでアクションが1クリックあたり10アクション獲得できます。

m3ポイント
「DI station」をクリックします。すると「special DI」という薬剤がありますので、それぞれクリックします。

m3ポイントからマイル
ここで「未読」となっているリンクをクリックすると、内容を読まなくても10アクション獲得できます。1つの薬について30アクション獲得できます。

ポチポチの手間が多少ありますが、これもなかなかおいしい案件ですので、メールで案内があった場合や、なくても定期的にチェックすることをおすすめします。

m3.comでの会員グレードについて

m3.comでは、会員グレード制をとっています。これは、ブロンズ→ゴールド→プラチナの順に階級がupしていき、ポイントの価値も上がっていくというものです。

ですので、ポイントを交換する際には、プラチナグレードの状態で交換することが大切です。

毎月はじめにグレードがリセットされて、そこからのポイントの稼ぎでグレードアップしていくというシステムです(毎月リセットってちょっと変ですよね)。

ステータスアップアクションを貯めるとグレードアップとなるのですが、上で記載したような手順でマメにアクションをためていると月の前半にはプラチナ会員になりますので、それほど難しいものではありません。

ポイントを交換する時には必ずプラチナ会員の状態で交換できるようにしておくようにしましょう。



m3.com(エムスリー)で大量のポイントを獲得する方法 まとめ

m3.comでの大量ポイント獲得のコツ まとめ
  • m3.comエムスリーは、医療系情報サイトでは最大級のサイトです
  • ポイントサイトとしても充実しており、かなりのポイントを稼ぐことが可能です
  • 毎日チェックすることと、時々チェックすることについてまとめました
  • 診療科の設定も大切ですので、見直してみましょう

m3.comはドクター向けのポイントサイトの中でも王道といえるサイトです

ためになるweb講演会や、記事もたくさんありますし、実需としても優れたサイトだと思います。

是非ルーチンでアクション、ポイントを獲得して、安定したポイント稼ぎをしてみてください。

本記事が、m3.comでのポイントの稼ぎ方を知りたいと考えているドクターDr.の皆さんの参考になれば幸いです^^。ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせからどうぞ!

ためになった、他の人に紹介したい、と思われた方は、ぜひ下のリンクからSNSで紹介してください^^。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。